<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

引きこもりで蕎麦


朝から悪天候ということで、一歩も外には出ずに家に引きこもりモードで。

昼頃から雪に変わり、16時くらいまでは降り続き・・・。車の上には積もるも、道路には積もらなかったのでGood♪

夕飯用に有り合わせで作ったお蕎麦の写真でも。
saipan-da * 食物・料理♪ * 23:59 * comments(0) * - * pookmark

降雪予報により・・・

今日は相模川沿いの某店へ行く予定だったものの、まさかの「降雪予報」による臨時休業発生。

結果的に雪どころか雨も降らなかったので、とても残念。

気をとりなおして日程を延期して、今日はホルモン系のお店へ。



やはり生ラム肉は美味しい?(^^)

「やっぱりステーキ」というお店の情報を入手したものの、関東には無いことが判明。

この前足を運んだ「浜松」「札幌」にはあっただけに、尚更残念。

関東にもいつかは・・・?
saipan-da * 食物・料理♪ * 23:59 * comments(0) * - * pookmark

ウマニソバ


連休明けの業務はなかなかに忙しく。

しばらく行っていない小泉ラーメン店(仮名)のラーメンをそろそろ・・・と思っていたら、Saipanda亭のラーメン登場。

ウマニソバはウマニ(ウマイ)。
saipan-da * 食物・料理♪ * 23:59 * comments(0) * - * pookmark

スシローに集合


皆帰りが遅くなった為、集合してスシローへ。

平日のスシロー、そしてそれなりに遅い時間。ものすごく空いていて快適。

平日限定でかけうどんが130円なので、4人でも会計2700円というリーズナブルさが素晴らしい。

スシローに感謝!
saipan-da * 食物・料理♪ * 23:59 * comments(0) * - * pookmark

鏡開きでぜんざい


ハード(?)だった連休が終わり、本格的な仕事始め。

連休明けの鏡開きで毎年恒例のぜんざいをイタダキマシタ♪(^^)

ぜんざいは美味しい。
saipan-da * 食物・料理♪ * 23:59 * comments(0) * - * pookmark

充実の札幌滞在4日目最終日

DSC_9338_R.JPG

朝8時半起床。

 

23階からの眺めはもう、その、なんというか・・・足が震えます。

 

前日にいろいろ片付けしてたら寝るのが遅くなってしまったので、起きるのも遅い。朝食も遅い、と。

 

DSC_9365_R.JPG

このホテルの朝食レストランは最上階の31階。

 

部屋よりも高い位置。

 

たぶん高さは100m超え・・・?(^^;)

 

DSC_9364_R.JPG

31階はスカイレストラン(朝・昼・夜の部)とスカイバンケットの2エリア構成。

 

DSC_9359_R.JPG

レストランは基本席が窓側配置になっていて、それはもう眺めが。

 

 

眺めが・・・

 

 

眺望が・・・

 

 

高度感が・・・

 

 

 

DSC_9343_R.JPG

ということで。

 

この写真↑だけ見ると窓がないようにも見える、の図。

 

スカイレストラン、スゴォイデェス。(震え声)

 

DSC_9345_R.JPG

朝からブリカマの塩焼きがあるのには驚きましたが、他にもししゃもやネギトロ、ブリのたたき、とびっこ等も。

 

山わさびをつけあわせにするのもなんとなく楽しい。

 

DSC_9348_R.JPG

種類豊富すぎて一瞬戸惑いますが、そこは単純明快に。

 

ご当地もの。

 

どこでも食べられるものをチョイスする必要がどこにあるのです?(某アニメキャラ風に)

 

イカの塩辛は2種類。イカスミ入りがまたとても。

 

松前漬けにタコの漬けも。

 

DSC_9349_R.JPG

なんとなくカラフルな野菜のサラダ。

 

DSC_9347_R.JPG

北海道ザンギとイカスミリゾットのコロッケ。

 

DSC_9351_R.JPG

鮭のちゃんちゃん焼き、無水カレー、海老塩ラーメン。

 

DSC_9352_R.JPG

DSC_9353_R.JPG

DSC_9354_R.JPG

お腹いっぱいにならないよう、少しずつが基本。

 

DSC_9355_R.JPG

デザートはちょっと贅沢なヨーグルトで。

 

DSC_9358_R.JPG

なんと、ここでもアカシアはちみつがあったので豪快にヨーグルトにかけて美味しくイタダキマシタ。

 

ここの朝食ビュッフェは種類が豊富。

 

たぶん一回では全種類制覇は厳しいデショウ。

 

DSC_9361_R.JPG

31階から札幌駅方面を見ながら、朝食タイム終了。

 

DSC_9367_R.JPG

11時にチェックアウトして、お城なホテルに別れを告げる。

 

そう、ホテル名は「ホテル エミシア」。

 

新さっぽろ駅前にある「お城」が目印。

 

DSC_9368_R.JPG

そして荷物を持って札幌駅へ逆戻り。

 

新千歳空港とは方向的に逆なので、逆戻り。

 

そう、復路便は予約の関係で空いている最終便のひとつ前の便なので、最終日でも時間がたくさん。

 

コインロッカーに荷物を放り込み、今回の最終目的地へ向かいます。

 

ちなみにコインロッカー、札幌駅はとても豊富。あちこちに点在していてかなりの数が用意されてます。

 

DSC_9371_R.JPG

地下街を歩き、バスターミナルへ向かいます。

 

バスのりばは「7〜12」が目印。

 

DSC_9372_R.JPG

上に上がるとこの乗り場「12」がすんなり見つかりました。

 

DSC_9377_R.JPG

ちょうど目的地へ向かう「路線バス」の便が出発するところでした。

 

今回は路線バスではなく、直行タイプのリムジンバスを予約してアリマス。(^^)

 

DSC_9380_R.JPG

かっぱライナー号「豊平峡温泉」行き。

 

今回の最終目的は「豊平峡温泉」で「温泉」に入り、あわよくば「名物のカリーを食べて帰る」こと。

 

DSC_9379_R.JPG

直行タイプのかっぱライナーは一日7便。

 

片道960円必要ですが、ここで大事なことが。

 

初日にドン・キホーテ4階で調達したチケットは「じょうてつ一日乗車券」。2200円で一日乗り放題の券ですが、なんと豊平峡温泉の入浴券(1000円)もついたお得パックナノデス。

 

お得パックにも関わらず、バスの予約までできてしまう。しかもWebで即時予約確定可能。

(予約提携先が発車オーライネットなので、会員であれば予約も簡単♪)

 

DSC_9383_R.JPG

始発点なので余裕を持ってバスが到着。

 

ちなみに予約していた客は自分を含めてたったの二人。

 

あとは当日「空きがあったら乗れる枠」を求めて来た人たち。

 

半分以上は外国人観光客なので、予約は厳しいかもしれませんが・・・前日17時までの予約をオススメします。

 

予約なしで行っても、当日乗れる保証はないのですから。←ココ重要

 

DSC_9384_R.JPG

豊平峡温泉まではダイヤ上70分の乗車時間。

 

札幌から少し離れただけでこんな感じ↑の景色になります。

 

ちなみに、豊平峡温泉自体は「札幌市南区定山渓618」となっていて、その住所の通り「札幌市南区」ナノデス。

 

DSC_9394_R.JPG

外国人観光客への注意喚起なのか、バス停の名前しっかり確認して!的アピールが随所に。

 

DSCPDC_0000_BURST20200113132530105_R.JPG

なんか鳥居が見えたと思ったら、

 

DSC_9396_R.JPG

定山渓神社でした。

 

DSC_9398_R.JPG

定山渓温泉街エリアに入ると、バスは7箇所のホテルを中心にぐるっと回って行きます。

 

日帰りではなく宿泊する場合は、豊平峡ではなくこの定山渓。

 

豊平峡温泉日帰り専門なので。

 

DSC_9400_R.JPG

さすがに市街地と違って、雪の量が多いデス。

 

DSC_9401_R.JPG

雪の壁、まではいかなくとも。

 

DSC_9403_R.JPG

そして路面が「雪」になったエリアに入り、バスは豊平峡温泉へ。

 

路面は雪。

 

つまり地面は白い、と。

 

DSC_9405_R.JPG

ここならこのバスもドリフト走行が・・・と思いながら一枚。

 

DSC_9406_R.JPG

うーん、雪景色。

 

DSC_9407_R.JPG

そしてお目当ての場所、豊平峡温泉の建屋へ。

 

DSC_9409_R.JPG

入るとシューズロッカーがあるので、靴を入れて鍵を持つ。

 

そして受付で「入浴?先にお食事?」となんとなくロマンチック(に見える)な問いかけがあるので、そのときの気分で答えましょう。

 

今回は入浴を優先で。

 

お腹が空いて、時間があったらお食事も。

 

タオルは毎度おなじみ温泉白タオルが220円(販売)。バスタオルがレンタル(500円?)であります。

 

記念に白タオル、イタダキマシタ。

 

DSC_9410_R.JPG

そして温泉は↑の写真右上のほうにアリマス。

 

毎日男女入れ替え制(場所)になっているようで、どちらの場所もそれなりに良い様子。

 

露天は長風呂できるのが最大のメリットで、特に今の時期は雪景色(プチ降雪もあり)を楽しみながら温泉に浸かれます。

 

例によって外国人観光客多数。

 

欧米系の方々(なぜかお一人様多し)はビール片手に入浴して、とても嬉しそうだったのが印象的。

 

かくいう自分も1時間ちょっと、露天で長風呂してきました。

 

内湯は無理でも露天は長風呂、イケマス。(^^)

 

DSC_9412_R.JPG

お風呂後はやっぱりお食事コーナーへ。

 

この温泉、なんと22:30までの営業でレストランもそれなりにやっている様子。

 

17時から頼めるジンギスカンがとても気になってしまったものの、帰りのバスは16:50。

 

DSC_9411_R.JPG

潔く諦めてこちらもカリーメニューからチョイス。

 

北海道なので「ラムカレー」を問答無用でチョイス。

 

DSC_9416_R.JPG

水も用意されているのでカリーだけでもよいのですが、やっぱりお風呂上がりは「フルーツ牛乳」が鉄板。

 

DSC_9413_R.JPG

上の温泉エリアから流れてくるお湯と湯気が、また良い感じ。良い眺め。

 

DSC_9422_R.JPG

すると「123番ノ、ラムカレー、オォォマタセシマシタ〜!!」のお声。

 

カリーを目の前にした瞬間「わー!この大きさ!?」と言ってしまい、インド人スタッフさんに笑われてしまいました。(--;)

 

DSC_9427_R.JPG

とにかくナンが大きい。これはスゴイ大きさです。

 

DSC_9424_R.JPG

フルーツ牛乳と比べれば一目瞭然。ティッシュの箱と比べても良いです。

 

DSC_9426_R.JPG

ラム肉がポツンポツンかと思いきや、

 

DSC_9436_R.JPG

ガッツリ、ゴロゴロとラム肉の塊がバッチリ入ってました。

 

DSC_9439_R.JPG

温泉の川を見ながら食べるカリーは絶品♪

 

素晴らしい時間を過ごせました。

 

DSC_9442_R.JPG

いよいよ時間も迫ってきたので、帰路へつくことに。

 

DSC_9443_R.JPG

そういえばマッサージコーナーもしっかりとありました。10分1000円だそう。

 

DSC_9450_R.JPG

16時を過ぎれば、時間はどんどん暗くなっていく。

 

DSC_9451_R.JPG

しかしお客さんは多数。この日は連休最終日の夕方ということもあって、大分空いていた模様。

 

DSC_9454_R.JPG

写真には映らないけれども、やっぱり温泉なので湯気がホワッと。

 

DSC_9456_R.JPG

さすが豊平峡温泉専用の除雪車、アリマシタ。

 

DSC_9457_R.JPG

カレーの宣伝もガッツリと。

 

DSC_9459_R.JPG

雪深い・・・。

 

DSC_9461_R.JPG

これは車で走るのはコワイ。

 

DSC_9462_R.JPG

一面雪。

 

DSC_9463_R.JPG

一応やっておきました、靴が雪に埋まるゴッコ。

 

DSC_9465_R.JPG

つらら、落ちてきて刺さったら痛そう・・・といつもオモイマス。

 

DSC_9467_R.JPG

気温は間違いなくマイナスだったと思いますが、ようやくバス登場。

 

DSC_9468_R.JPG

札幌、大通り付近まで意識が飛んでいたのはお約束。温泉つかった後は居眠りが最高♪

 

DSC_9469_R.JPG

ほぼ定刻どおりに札幌駅に到着。

 

DSC_9470_R.JPG

荷物を忘れずに引き取り、新千歳空港へ。

 

DSC_9471_R.JPG

さすがにこの時間の電車は空いていてばっちり座れました。

 

DSC_9473_R.JPG

約40分で新千歳空港に到着。

 

DSC_9474_R.JPG

松尾ジンギスカンの冷凍品特上ラム、娘sからの要望で買って帰りました。

 

DSC_9475_R.JPG

帰りの便もA350。往路は1番機、復路は2番機でした。

 

羽田空港に定刻よりも早く到着すると思っていたら、羽田の手前で上空ぐるぐる旋回モードに。

 

理由は不明でしたが、おかげで羽田到着が大幅遅延。

 

帰りの手段が1択になってしまい、あと2分遅かったら足止めになるところだったという事実。

 

最後の最後でトラブルでしたが、今回の旅はとても充実にゴザイマシタ。

 

これにて終了!

saipan-da * イベント・旅行 * 23:59 * comments(0) * - * pookmark

札幌滞在3日目、小樽とDRUMS

DSC_9218_R.JPG

札幌滞在3日目の朝。

 

やっぱり朝は雪がチラチラと舞い降りるのが標準仕様(?)。

 

でも傘は不要なので問題ナシ。(^^)

 

DSC_9214_R.JPG

そして今日もタノシイ朝食、モーニング。

 

DSC_9213_R.JPG

昨日の朝に続き、今日もココの朝食はスゴイ。

 

DSC_9209_R.JPG

COLDのスペシャルは「サーモンいくら」。2皿、3皿と行きたいところですがここは我慢。

 

DSC_9206_R.JPG

HOTなスペシャルは鶏もも肉のソテー、レモンソースがけ。

 

DSC_9208_R.JPG

筋子にたらこは昨日と同じ。

 

DSC_9207_R.JPG

今日は完全に和食。

 

DSC_9210_R.JPG

これは豚の角煮。そういえばビーフシチューもあったような・・・?

 

DSC_9216_R.JPG

今日のデザートはフルーツのみ。しかし昨日と違う点がひとつ。

 

国産天然はちみつを贅沢にたくさんかけてイタダキマシタ♪

 

このあかしあハチミツ、絶品!!

 

ヨーグルトにも良いとオモイマス。

 

DSC_9203_R.JPG

最初にもらった説明書きにしっかりと書いてアリマシタ。(--;)

 

DSC_9221_R.JPG

2泊お世話になったホテルWBFフォーステイをチェックアウトして、地下鉄東西線に乗りとある場所へ。

 

今回東西線、一番乗っている気がシマス。

 

DSC_9222_R.JPG

到着した場所は新さっぽろ駅。(東西線の終着点)

 

DSC_9224_R.JPG

駅の前にあるこのお城のようなホテルが今晩の宿泊場所。

 

スーツケースをクロークに封印して、すぐに出発。

 

DSC_9226_R.JPG

そういえば雪道でなぜあまり滑らないのだろうと思ってましたが、結構な確率で小石が撒かれていたことに気づきマシタ。(今更感スゴイデスガ)

 

DSC_9227_R.JPG

新札幌駅(JR)には隣接するホテルも。改札から直結はとても便利。

 

DSC_9228_R.JPG

駅ビル的な商業ビルも立派なものがアリ。

 

DSC_9229_R.JPG

JR改札口の入り口。

 

DSC_9230_R.JPG

その反対側には食に関する横丁が。

 

DSC_9231_R.JPG

地下鉄駅とは反対側にはAEONまでアリマシタ。

 

DSC_9234_R.JPG

時間も無くなってきたので、電車へ乗ることに。

 

DSC_9235_R.JPG

札幌駅で乗り換えて、石狩ライナーで小樽へ。

 

DSC_9238_R.JPG

途中の「あさり」駅。

 

DSC_9240_R.JPG

南小樽駅に到着。終点まで行ってはイケナイ。

 

DSC_9241_R.JPG

写真には映らずですが、結構横殴りの雪がフォ〜!と降り注いでました。(--;)

 

DSC_9242_R.JPG

雪、札幌より多し。

 

DSC_9244_R.JPG

車も雪でアブナイ・・・。

 

DSC_9247_R.JPG

毎度おなじみのストリートに到着。

 

DSC_9248_R.JPG

北一硝子のアウトレット館。とてもリーズナブルなので、行った時には絶対に立ち寄ったほうが良いお店。

 

DSC_9249_R.JPG

天気は相変わらず。

 

DSC_9251_R.JPG

すぬーぴーちゃや。

 

DSC_9250_R.JPG

スヌーピーのお茶屋さんということラシイデス

 

DSC_9257_R.JPG

ふと、衣服につく雪を見てみたら・・・

 

_20200112_134314_R.JPG

いい感じに結晶ぽかったので一枚。

 

DSC_9259_R.JPG

いつもの北一硝子館。

 

DSC_9262_R.JPG

オタルのルタオのショップ。ルタオのオタルじゃございません。

 

DSC_9264_R.JPG

なんか人の気配がすると思ったら・・・

 

DSC_9263_R.JPG

冬にコレデスカ。(--;)

 

DSC_9265_R.JPG

いろんなお店に入ったり出たりしながら、気づけば時間は13時半。

 

DSC_9266_R.JPG

ランチはこちらへお邪魔することに。

 

DSCPDC_0001_BURST20200112133756610_R.JPG

さすがに生うには8月末で終わっている表示。

 

DSC_9268_R.JPG

ということで、刺身定食(1000円)に決定。

 

そういえば自販機での食券購入スタイルに変わってました。

 

多分、外国人観光客対応とオモワレマス。

 

DSC_9269_R.JPG

どれも美味しいのは言うまでもないものの、それでも「いか」はとても光るもので。

 

イカ本来の味がするイカ。

 

いつ以来かというくらい久しぶりに食べた気がシマス。

 

DSC_9276_R.JPG

「お父さん預かります」のこのお店もちょっと立ち寄り。

 

もう顔パスのお店なので、ちょっと買ったらお年賀頂いてシマイマシタ。(^^;)

 

DSC_9278_R.JPG

メイン通りをちょっと離れて運河にも行ってみることに。

 

DSC_9277_R.JPG

と、そこに牛角とすしざんまい。

 

DSC_9279_R.JPG

0℃の環境でも鴨は元気。

 

DSC_9280_R.JPG

ジンギスカンのお店発見!!

 

DSC_9281_R.JPG

先にここ見つけていたらちょっと足が向いていたかもシレマセン。

 

DSC_9287_R.JPG

こっちにも食堂っぽいのがあったのを忘れてました。

 

DSC_9288_R.JPG

寿司屋とLAOX・・・?

 

DSC_9282_R.JPG

運河付近、それはもう人、人、人で。

 

DSC05378_R.JPG

外国語が飛び交うのはこれが標準。

 

DSC05379_R.JPG

・・・デスヨネー!(^^;)

 

とは言え、今日は自分もコート類は着てなかったりします。

 

ニット系の上着にトレーナーでも普通に過ごせます。(首さえしっかりガードすれば)

 

DSC05375_R.JPG

ここは夜のほうが絵になります。

 

DSC05377_R.JPG

たぶん良い撮影スポットになるはず。

 

DSC_9289_R.JPG

と、のんびりしすぎたのでちょうど来たバスに飛び乗って、今度は小樽駅へ。

 

DSC_9290_R.JPG

ものの数分で小樽駅到着。

 

DSC_9291_R.JPG

雪が無くて歩きやすいと思ったら一か所に積まれてました。(^^;)

 

DSC_9293_R.JPG

帰りもエアポートではなく石狩ライナーで。

 

DSC_9294_R.JPG

2分後の発車でちょうど良し。

 

DSC_9295_R.JPG

自分で扉を開けるのをお忘れなく。

 

DSC_9296_R.JPG

始発点は確実に座れるのが吉。

 

DSC_9297_R.JPG

16時、札幌に到着したらなぜか小腹が空いてしまったので。。。

 

DSC_9299_R.JPG

ふのりの蕎麦をちょっとイタダキマシタ♪

 

420円。

 

DSC_9300_R.JPG

そして地下鉄を乗り継ぎ、東豊線の新道東駅へ。

 

DSC_9301_R.JPG

終点の栄町まで行くと、丘珠空港がすぐ近くだったりします。

 

DSC_9302_R.JPG

除雪されていないとこのような感じに。

 

DSC_9305_R.JPG

これでも大分雪が少ないらしいので、今回はちょっと助かりました。

 

DSC_9306_R.JPG

民法第一声の地・・・?

 

DSC_9307_R.JPG

今日の最終目的地へ行く前に、ふとイオンがあったので立ち寄り。

 

駐車場の雪山がスゴイ。

 

DSC_9308_R.JPG

結構大きなAEONでした。

 

DSC_9309_R.JPG

そして再び雪道をザクザクと歩き、目的地へ。

 

そういえば今回、一回も転んでません。ありがたや、ありがたや。

 

DSC_9312_R.JPG

今日の目的地スタジオSolid。

 

ここで2時間のドラムライブ(?)を鑑賞。

 

DSC_9314_R.JPG

終了後は今回何回目?の東西線に乗り、新さっぽろへ。

 

DSC_9315_R.JPG

時間はもう21時。

 

DSC_9316_R.JPG

お腹が空いたので駅付近でなにかご当地物を食べようと歩くも、見つからず。。。

 

DSC_9319_R.JPG

結果、駅内にあったここに決定。

 

DSC_9320_R.JPG

こだわりの出汁(だし)に惹かれて・・・?

 

DSC_9317_R.JPG

これが大当たりで素晴らしくおいしゅうございました。

 

DSC_9321_R.JPG

22時近いというのにまだやっているケーキ屋さんがあったので、つい。

 

DSC_9322_R.JPG

そしてお城に到着。

 

DSC05396_R.JPG

チェックインしたら、なんと高層階へのアップグレードをしていただいてしまいました。(^^;)

 

ベッドもクイーンサイズの180cm・・・。

 

DSC05389_R.JPG

こ、高層すぎるこの高さ。

 

DSC05383_R.JPG

高所恐怖症ですが。。。

 

DSC05384_R.JPG

写真だけ撮ってカーテンを閉めれば問題ナシ。

 

DSC05393_R.JPG

時刻は22時過ぎ。

 

DSC_9335_R.JPG

さきほど調達したアップルパイとコーヒーでやっとの休憩。

 

DSC_9334_R.JPG

明日は早いもので東京へのリターンDay。

 

でももうひとつだけ、やることがノコッテマス。

 

DSC_9123_R.JPG

初日にドン・キホーテで調達したこのチケット。

 

Webで予約してあるので、明日。

 

行ってみることにシマス。zzz

saipan-da * イベント・旅行 * 23:59 * comments(0) * - * pookmark

札幌2日目「ドラムな一日」

8時30分起床。

 

ゆっくりと寝られたような、寝られなかったようなそんな朝。

 

窓の外を見ると、白いナニカが舞っている。

 

天気、雪?!(^^;)

 

空は白一色。

 

舞っているものも白一色。

 

見渡す限りは傘なんぞを指している人はいないので、ちょっと安心。(?)

 

DSC_9127_R.JPG

9時になったら朝ご飯。休日はちょっと遅めが良い感じ。

 

朝食はビュッフェスタイルと聞いてはいたものの、北海道的コーナーを見てビックリ。

 

朝からマグロのお刺身が!?(^^;)

 

DSC_9130_R.JPG

北海道まで来てパン食も気が引けるので、できる限り和食でイタダキマス。

 

DSC_9132_R.JPG

席を確保するとすぐに運ばれてきたスペシャルディッシュ。

 

なんとローストビーフです。

 

HOTなスペシャルはテーブルサービス(ローストビーフ)、COLDなスペシャル(マグロのカルパッチョ)はビュッフェスタイルで。

 

このホテル、サービスがとてつもなくスバラシイです。

 

DSC_9131_R.JPG

マグロ、ちゃんとしたマグロ(味のある)で幸せ感がMaxに。

 

DSC_9133_R.JPG

一点なにか違うものが紛れ込んでますが、これれはよくあるおかず。

 

DSC_9134_R.JPG

しかしキンキの酢〆や筋子にたらこ。これらはあまりビュッフェには無い逸品。

 

今回の宿泊費からしたら本当に申し訳ない気持ちで・・・。(--;)

 

DSC_9139_R.JPG

外を見ながらのんびりと朝食気分。

 

DSC_9140_R.JPG

朝からケーキ&フルーツティータイム。

 

十勝清水産の牛乳仕様「あすなろファーミングの飲むヨーグルト」も一緒に。

 

DSC_9144_R.JPG

最近流行り(?)の食後は札をひっくり返して食事終了の合図。

 

DSC_9146_R.JPG

食後はコーヒーをテイクアウトして、出発までまったりと。

 

今日は訪問先が一か所なので、とてものんびりな一日。

 

まさに怒涛の年末年始明けの、ちょっと遅いまったりな休日。

 

DSC_9147_R.JPG

10時半、重い腰を上げてようやくホテルを出発。

 

写真には映らないなれど、昨日よりも雪が増えている・・・の図。↑

 

大通駅から東西線に乗って行きついた先は「大谷地駅」。

 

ここはバスターミナルがある、ちょっと大きな駅。

 

DSC_9148_R.JPG

地上に上がるとあるバスターミナル。

 

DSC_9149_R.JPG

目的地へは3番乗り場からの出発。

 

DSC_9152_R.JPG

程なくしてバスが来たので乗車。中間扉から乗って先にスイカをタッチするのは同じ。

 

目的地までのバスは日中30分に一本なので、下調べがとても重要。

 

DSC_9153_R.JPG

しかしどこを見ても雪。これでも例年に比べるととても少ないらしいです、雪。

 

DSC_9155_R.JPG

住宅地を抜けていくバス。にしても、バスの加速の仕方がスゴイ。

 

スタッドレスで雪道を走る感覚が分からないのでなんともですが、なかなかにスゴイ。

 

DSC_9156_R.JPG

目的地の終点間際、気がつけば貸し切り状態。(^^;)

 

DSC_9157_R.JPG

そして終点に到着。

 

建物付近まで入ると思っていた(勝手に)だけにちょっと慌てて降りる状態に。

 

足元が雪で滑りそうになったのはここだけのお話。

 

DSC_9158_R.JPG

目的地はここ、イオンモール札幌平岡店。

 

広大な敷地、雪景色!!

 

そしていつのまにか雪もやみ、晴れ模様に。

 

DSC_9160_R.JPG

し、白樺・・・?

 

DSC_9161_R.JPG

満を持して突・・・の前に。

 

DSC_9162_R.JPG

帰りのバス時間を忘れぬようにスマホ写真に捕獲。

 

DSC_9163_R.JPG

基本2階建て構成のイオンモール札幌平岡店。

 

晴れたおかげで採光が良い感じに。

 

DSC_9164_R.JPG

今日の目的の場所「島村楽器」へ。

 

14時からのドラムクリニックが今日の目的。

 

ドラムクリニックは2時間に及ぶ内容の濃いもので、Rolandのハイエンド機材TD-50KVX(1フロアタム&2シンバル追加Ver.)に触れて、なおかつセッションも出来てしまうというスゴイ内容でした。

 

ただ、ドラムはセッティング(自分に適した)が重要なので、適当なセッティングをいきなり座って叩けるほどのウデはまだ無く・・・。(--;)

 

スタッフさんに撮影してもらった映像を見て、自分で笑ってしまった悲しい現実。

 

あと、電子ドラムでイヤホン無しだと音が聞こえないこと、よくワカリマシタ。(--;)

 

自分側に向いているスピーカー、ひとつホシイデス。

 

DSC_9175_R.JPG

本人直筆のドラム譜と、サインを書いてもらったスティックをイタダキマシタ。

 

最近ようやくこのモデルのスティックが扱えるようになってきたので、練習にも身が入るというもの。(このスティック、半年前は全然振れなかったという事実)

 

DSC_9170_R.JPG

ドラムクリニックが終わって一通り整理をしていたら、もう16時半。

 

良い感じの夕焼けなAEON札幌平岡店を一枚。

 

DSC_9173_R.JPG

17時のバスで札幌へ戻ることに。(同じ札幌でも平岡エリアはちょっと離れてマス)

 

DSC_9178_R.JPG

ホテルへ帰って荷物を置き、休み暇なくすぐに出発。

 

どこへ?

 

昨日と同じくあてもなく、フラフラと。

 

昨日はジンギスカンを求めてフラフラしたので、違うものを目的に。

 

気がつけば、お昼ご飯を食べていなかったことに気づく18時半。

 

DSCPDC_0001_BURST20200111181312346_COVER_R.JPG

昨日もそうでしたが、札幌でヒトリメシすることがないのでお店がまったくワカラナイ。(--;)

 

前日がジンギスカンだったので、なんとなく「ザンギ」がいいなぁ・・・と思いながらフラフラ。

 

すすきのは諦めて、札幌駅方面へ行ってみることに。

 

DSC_9180_R.JPG

大通についたところで月の存在に気づく。

 

そういえばニュースで「令和最初のウルフムーン」というのをやっていたのを思い出し、一枚。

 

DSC_9181_R.JPG

撮影位置を変えていくと、月が札幌テレビ塔に近づく・・・?

 

DSC_9182_R.JPG

ダイヤモンド札幌テレビt・・・・

 

なんておふざけをしてみましたが、たんに塔の先端がちょっと明るくなるだけでした。(--;)

 

初日の出の富士山はスバラシカッタ。(ダイヤモンド富士のこと)

 

DSC_9183_R.JPG

深刻な雪不足がニュースになってますが、大通公園は雪像の準備が進められてました。

 

DSC_9199_R.JPG

札幌駅近くでスケート?!と思って近づいてみたら、違いました。

 

DSC_9187_R.JPG

映画「キャッツ」のイルミネーションだそうで。

 

DSC_9185_R.JPG

幻想的で綺麗なのですが、ナゼデショウ。スケートをしている人たちにミエテシマウ。

 

DSC05369.JPG

一眼レフでも撮ってみました。

 

DSC_9198_R.JPG

そのスケートリンク(笑)の隣に「赤レンガテラス」なる商業ビルがあることに気がつきました。

 

DSC_9197_R.JPG

中に入ってみると、なんとフードコートがあることが判明。

 

おひとりさまに優しいフードコートの存在、これは大変スバラシイ。

 

DSC_9195_R.JPG

3Fにあるバルテラスなる、フードコートへ。

 

DSC_9196_R.JPG

中国料理 布袋のザンギ&麻婆がGoodとナニカに書いてあったので、迷わず決定。

 

DSC_9188_R.JPG

夜限定のディナーセット(税込み990円)のセットを注文。

 

とても大きめ(ココ重要)のザンギ3個、ミニ麻婆豆腐、総菜二個とザンギ用薬味ダレ、ごはん、スープ(骨系ダシ、ウマイ!)、タピオカミルクのセットで990円。

 

DSC_9190_R.JPG

ザンギがたったの3個かぁ・・・足りないなぁと思っていたら、裏切られました。

 

ものすごくオオキイ!

 

ご飯が大盛ではなくて本当にヨカッタ。

 

DSC_9192_R.JPG

SAIPANDA亭で良く登場する生姜ベースの薬味ダレとほぼ同じ成分のこのタレ。

 

ザンギと相性バッチリです。

 

このタレならザンギも喜んでくれる(?)はず。

 

DSC_9193_R.JPG

タピオカミルクも締めには最高。

 

DSC_9194_R.JPG

黒ウーロン茶を頼んだらコースターを頂いてしまいました。

 

記念にお持ち帰り。

 

DSC_9200_R.JPG

赤レンガテラスからホテルまで強歩で戻り、ちょっとだけ運動。(本当にちょっとだけ・・・)

 

昨日と同じく、ラウンジでまったり過ごす。

 

このホテル、改めて滞在中は食べ物や飲み物に困らないことを認識。

 

コンビニに行く必要が無い。

 

これが本当のホテルライフなのだとオモイマス。

 

DSC_9202.JPG

ガラナもイタダキマシタ♪

 

お酒が飲めたらもっと楽しいのだとオモイマスが・・・。(--;)

 

明日は小樽へ足を延ばしつつ、夜はドラムDayのPart2。

 

明日も良い天気にあることを祈りつつ・・・。zzz

saipan-da * イベント・旅行 * 23:48 * comments(0) * - * pookmark

久しぶりの冬の北海道へ

DSC_9022_R.JPG

2日の記事から間が空いてしまってますが、本日より北海道は札幌へ旅に出ています。

 

久しぶりの羽田空港第一ターミナル。

 

DSC_9017_R.JPG

いつものラウンジで出発待機ですが、今回はひとつ大きな目的が。

 

窓の外に見える飛行機。

 

DSC_9021_R.JPG

目の前の777ではなく、その奥。

 

DSC_9023_R.JPG

おJALさまの最新機材、エアバスA350-900です。

 

先月から札幌路線にも投入されたばかりの最新機材。

 

偶然にも登場機材は1番機でした。(^^)

 

DSC_9026_R.JPG

往路は込み具合の関係でクラスJシート。

 

詳細は別に書きますが、B787を上回る静粛性で快適度が素晴らしい。

 

もう国際線仕様と言ってもおかしくない設備となっていて、これからB777が全てこの機材に置き換わるのはとても良いとオモイマス。

 

DSC_9049_R.JPG

エアバスお得意の「尾翼カメラ」の鳥瞰図的映像をずっと眺めてました。

 

↑新千歳空港着陸時。

 

DSC_9053_R.JPG

着陸前に上から眺めていて思いましたが、本当に雪が少ない。

 

DSC_9055_R.JPG

いつも札幌へ向かうときは電車(快速エアポート)を使いますが、今回は急がない旅なのでバスでのんびり行くことに。

 

すると、

 

DSC_9054_R.JPG

?!?!

 

ここはヨコハマ・・・?

 

横浜市内を走るバスによぉ〜く似ている日野の中型車。

 

ちょっとビックリしました。

 

DSC_9056_R.JPG

今回はすすきのまで行くので、電車よりもバスのほうが利便性高し。

 

DSC_9057_R.JPG

うん、雪が全然ない。

 

DSC_9061_R.JPG

と思ったら、人が歩かないところにはしっかりとアリマシタ。

 

DSC_9062_R.JPG

途中、コストコを発見!!(^^)

 

DSC_9063_R.JPG

途中渋滞もあり、80分ですすきのに到着。ホテル近くまでずっと座っていけることを考えたら、やはり便利。荷物もトランクに収納してくれるので。

 

DSC_9067_R.JPG

そして、無事にチェックイン。

 

前日結構準備に手間取ったので、ちょいと寝不足気味。

 

DSC_9070_R.JPG

しかし、すぐに部屋を出てとある場所へ。

 

なんと今回初めて利用するこのホテル、ラウンジが併設されている素晴らしいホテルなのです。

 

DSC_9071_R.JPG

DSCPDC_0001_BURST20200110173249642_COVER_R.JPG

DSC_9074_R.JPG

DSC_9069_R.JPG

なんと14時から22時まで自由に利用できて、ソフトドリンクやコーヒーはもちろんお酒類も飲み放題。

 

そしておつまみから軽食までもがフリー。(^^;)

 

DSC_9076_R.JPG

DSC_9075_R.JPG

おつまみを食べながら優雅にメールチェックをする充実のひととき。

 

とても安い料金で宿泊しているのに申し訳ない気持ちに・・・ならなくもなくもなくも。(?)

 

DSC_9085_R.JPG

少しオシゴトをしたら、もう夕食の時間。

 

と、その前に。

 

DSC_9086_R.JPG

狸小路商店街にあるドン・キホーテへ。

 

ここの4階で明後日用のとあるものを調達。

 

しかし、すすきのはいつものごとくアジア系の観光客様多し。調達しに行ったところも日本語よりも外国語のほうが多かった現実・・・。(--;)

 

DSC_9087_R.JPG

気を取り直して、夕飯のお店探索へ。

 

こうして歩道にまったく雪がないところもあれば・・・

 

DSC_9089_R.JPG

こんな感じで「THE・雪」なところも。

 

ジンギスカンと決めて探索するも、なかなか「ひとりで入りやすいお店」はそうそう無いもの。。。

 

散々歩いてようやく見つけたお店は・・・

 

DSC_9115_R.JPG

こちら。

 

DSC_9116_R.JPG

どこかで見たことのある名前、松尾ジンギスカン。

 

タレ漬け込み系ジンギスカンの老舗らしく、さらにおひとりさまでも入れてくれそうな気がした(勝手に)ので突入。

 

DSC_9095_R.JPG

快くご案内頂いたものの、通された席は4人掛けテーブル。(に、一人)

 

なんか申し訳ない気持ちでいっぱいですが・・・。

 

仔羊一頭から700gしか取れないというラムリブロースなるジンギスカンをオーダーしてみました。

 

DSC_9096_R.JPG

〆用の一人前うどんも追加で。

 

DSC_9103_R.JPG

ノンアルコールでビール風にイタダキマス♪

 

DSC_9101_R.JPG

ジンギスカン鍋でジンギスカンを食べたことがないのであたふたしてたところ、とても優しい店員のオニイサンがサクサクっと説明しながら準備してくれました。(^^)

 

DSC_9099_R.JPG

鮮度抜群なので、ガッツリ焼かずに食べるのがコツとのこと。

 

DSC_9109_R.JPG

ひとくち食べて、ホッコリ。(^^)

 

これはスバラシイ。

 

柔らかい、くせない、身厚、脂っこくない。

 

150gをあっという間に頂いてしまいました。

 

DSC_9110_R.JPG

ラムと野菜のうまみが加わったスープにうどんを入れて煮れば、極上の焼うどんの完成。

 

うどん、もう一人前頼んでもよかったと後で後悔。(--;)

 

DSC_9113_R.JPG

最後に、温かいお茶も頂いてしまいました。

 

松尾ジンギスカン(直営店)。サービスとても素晴らしいので、味にもサービスにこだわる方におススメです。

 

DSC_9117_R.JPG

食後は大通公園まで散策。

 

すでに気温はマイナス2℃。

 

首用のスヌードを持ってきて本当にヨカッタ。

 

DSC_9119_R.JPG

普通の靴でも歩きやすいと思ったら、歩きやすいところはザラザラしたすべり止め的なものが撒かれていることに気づきました。

 

今日は寝不足なので明日に向けて、早めの就寝。zzz

saipan-da * イベント・旅行 * 23:52 * comments(0) * - * pookmark

8年ぶりの浜松、鰻処勝美は「いしかわ」に?!

DSCPDC_0000_BURST20200102084935553.jpg

2日早朝、新東名高速道路某所にて。

 

SAIPANDA母をピックアップして車を西へ西へと走らせること1時間。

 

雪化粧の富士山を見ることができました。(^^)

 

DSCPDC_0003_BURST20200102090041598_COVER.jpg

新東名高速道路を走るのは今回が初めてでしたが、今回の目的地にとても近いICがあるということでベストな選択。

 

約3時間のドライブを経て浜松引佐IC下車。

 

DSC05231_S.JPG

ほどなくして目的地、鰻処「いしかわ」に到着。

 

11時半だというのに、すでにランチ客がたくさん。

 

DSC_8831_S.JPG

このお店は8年前に訪れた場所で、当時は「勝美 引佐店」でした。

 

今回行くにあたって調べるとお店の名前は「いしかわ」。聞いてみたところ暖簾分けで店名が変わったようで、素材や仕入れは基本的に以前と同じということでひと安心。

 

DSC_8830_S.JPG

基本は昼だけの営業で、夜は1週間前の予約でのみ営業とのこと。

 

正月2日に営業していただけるのはとても有り難いところ。(4日までお休みのところが結構あったので)

 

DSC_8814_S.JPG

お値段はそれなりですが、以前に味を知っているので間違いなし。

 

関西風の焼き方なのも自分好み。

 

DSC05215_S.JPG

鰻が届くまでの間、鰻ボーンとお茶でひと休み。

 

DSC05216_S.JPG

うなぎボーンはほんのり塩味でオイシイ。

 

DSC05217_S.JPG

そして鰻重「竹」が登場!

 

DSC05218_S.JPG

肉厚で大きな鰻がドーン!と登場。

 

一口食べて納得。

 

8年経っても変わらずのお味デシタ♪

 

DSC_8819_S.JPG

肝吸いもバッチリ。ナルトが寿仕様なのでした。

 

DSC_8821_S.JPG

山椒もありましたが、ベースの鰻が良いので使用せず。

 

DSC_8817_S.JPG

ちなみにこちらは鰻重の「梅」。

 

ぽんたごんはこちらの量でちょうど良かった様子。

 

DSC05220_S.JPG

そしてこちらはまぶし茶漬け。

 

鰻半身分で3000円。

 

DSC_8825_S.JPG

最初はうな丼状態で登場するので、このまま味見するも良し。

 

DSC_8829_S.JPG

しかし、真の旨さはこの出汁茶漬けにアリ。

 

味見してみましたが、鰻重とはまた違った美味しさでどちらも食べたくなってしまいます。

 

引佐ICで降りたら、うなぎ「いしかわ」オススメです。(^^)

saipan-da * イベント・旅行 * 11:30 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ