<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

さらば幕張最終日、6月にまた会おう!

幕張滞在最終日。朝7時前でも外はとても明るいこの状態・・・。↑

 

元気はさすがにないものの、なんとか朝食会場へ。

 

今回初めてメインダイニングが満員御礼で、離れへ案内される形に。

 

離れと言っても最初の一人で一瞬だけ貸切。

 

相変わらず、眺めはヨシ! ナント言ってもここは14階。

 

めずらしく和食が食べたくなったので、和を中心としたセレクトで。

 

なんとお粥(しかも中華式)があったので、ちょっとアレンジしていただくことに。

 

一部チガイマスガ・・・和な朝食をイタダキマシタ。

 

朝食後、3泊お世話になったホテルをチェックアウトして駅へ。

 

京葉線に乗り、稲毛海岸駅へ。

 

サクッとトヨタレンタカーに移動し、車を入手。

 

復路は白のハイエースにゴザイマシタ。

 

お昼は昨日同様にたごさくサマのお世話になることに。

 

最終日は「栗のおこわ」と「期間限定茸の子のおこわ」にシテミマシタ。

 

たごさく弁当、なかなかに好評だったのでヨカッタ、ヨカッタ。(--;)

 

そして展示会と言う名のビッグプロジェクト終了後、恒例のイオンモールでの2人お疲れ様会。

 

3年連続同じお店、TINUNタイ料理とナリマシタ。

 

平日夜はいつも静かなのでウレシイところ。

 

今回はトムヤムスープセットにタイ式唐揚げを追加。

 

ご飯がタイ米で、これまたトムヤムスープと相性バッチリ。

 

この酸っぱさ、辛さがほしかったのデス。からだにしみるしみる・・・。(--;)

 

ちなみに美味しくて身体にとても良さそうですが、にんにくが・・・かなり使用されている模様。

 

最終日は夜が長いので、しっかりとエネルギーを確保しておかなければナリマセン。

 

チリソースな唐揚げはうってつけの食材。

 

大好物の生春巻き。それにタピオカミルクも美味しくイタダキマシタ。

 

食後はお土産調達TIME。モンブランを買い占めてみました♪

 

そして食後のデザートはジェラートのお店で。

 

自分は期間限定のメロンをイタダキマシタ。

 

帰りはスイスイ、渋滞もまったくなしの快適の帰路。20:45にイオンモールを出発していろいろと立ち寄り、23時には荷降ろしも終了。23時半には無事帰宅。

 

4日ぶりの我が家に帰るなり、モンブランを皆でハグハグ。完全にマミり街道まっしぐらです・・・。(--;)

 

ビッグプロジェクトが終わり、溜まった疲れが吹き出てしまい・・・そのまま機能停止モードへ突入。zzz

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

本日は快晴、しかし暑くもあり寒くもあり。

幕張滞在2回めの朝。

 

本日は天気が良くなるということで、窓の外も明るめ。遠くにはお船が・・・見える気がシマス。

 

ホテルの廊下を歩いていると、エレベータホールと自動販売機がある場所を間違えて曲がりそうにナリマス。疲れているのか、曲がりやすいナニカがあるのか。どちらでしょう。

 

そして朝ごはん。昨日選定済みの品をサクサクっと収集。

 

するとコウナリマシタ。フレンチトーストとアップルディニッシュ。それにサラダとミネストローネスープ、デザートのメロンにゴザイマス。

 

朝からお米はキツイので・・・こういう朝食、素敵デス。

 

昼間はしっかりとオシゴトを。前日のお昼用のお弁当が「・・・。」だったので、昨日夜に目をつけておいたお店へ買い出しに。

 

これでもか!というくらいの快晴で、気温はぐんぐん上昇。最近、昼夜の温度差が激しすぎるキライがアリマス。

 

そしてお昼。たごさくのお弁当「あかつき」を頂戴シマシタ。やはり盛りたてのホカホカおこわは美味しいもの。

 

TEAMメンバーもシアワセになれたようなのでヨカッタ、ヨカッタ。

 

そして夜はお疲れ様会を。やはり場所は、イオンモール。

 

3年連続、八献へ突撃。

 

モダンジャパニーズビュッフェ、イタダキマス。

 

予約しておいたので、ソソっと店内へ。

 

飲み放題組は一斉に「シアワセの空間」へ。

 

自分もシアワセ食材を好きなように調達。まさか「こごみの和え物」があるとは思わなかったので、ちょっと嬉しかったり。

 

こごみ、とても悩ましい形状をしているのでついつい見とれてしまうのデス。

 

揚げたての天ぷら。もちろん、柚子塩で。

 

しゃぶしゃぶ食べ放題もあるので、適量を。

 

毎回やってしまう、セルフ生春巻き。右側のはよくわからない味噌風の水餃子。

 

生春巻き、ライスペーパーを1秒水にくぐらせるだけなので、簡単簡単。美味しく野菜をいただけます。もちろん味付けはチリソースで。

 

お寿司は4貫だけにしておきました。柑橘鯵、サーモン、すずき昆布締め、穴子。

 

筍とふきの煮物が美味しゅうゴザイマシタ。

 

そして、デザートはソフトクリーム。

 

そろそろ、続いてきた外食に抵抗が・・・抵抗が・・・。(--;)

 

明日は幕張滞在最終日。気絶寸前につき・・・。zzz

 

 

saipan-da * イベント * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

幕張〜な一日

朝7時30分。前日からの雨模様は継続。荷降ろし後にどわわわっっと降り注いだ雨には驚きを隠せませんでしたが・・・日頃の行いが良かったとオモウコトニシマス。

 

ホテルの朝食、ブレックファゥゥスト。どれがおいしいかワカラナイので、食べることができそうな(朝から)ものをチョイス。

 

朝からご飯(お米)はタベマセン。胃もたれがとてつもなくヒドイので・・・。(--;)

 

フレンチトーストが超絶的にオイシイことが判明、明日の朝ごはんはフレンチトーストとサラダに決定サレマシタ。

 

納豆の隣にフルーツゼリーというシュールさ。そうそう、さらに隣のアップルディニッシュも美味しゅうございました。

 

フレンチトースト&アップルディニッシュ、それにサラダにすることにシマス。甘いものばかり朝から食べると、まるでおフランスな方々になった気分。以前、知り合いの日本語ペラペラフランス人サマが言ってました。「フランス人、朝は甘い物よく食べるから」と。

 

そしてお昼。ハプニング発生、なんと3年連続で出店していたお弁当屋さんが消えており・・・チガウお弁当屋さんに変わってイマシタ。仕方なく買ってみましたが・・・以前とあまりにもチガウので、ちょっと困ったところ。明日はなんとかしなければ。

 

そして、本日のオシゴト終了後は・・・やはりイオンモールへ。

 

ふたたび「利休サマ」、コンバンワ。m(_ _)m

 

牛たんプレートなるものを頂戴シマシタ。

 

牛たんポン酢あえなるものを発見。

 

牛テールスープはミニ版にナッテマシタ。

 

他の(盗撮)お料理も。決して自分が食べた訳ではないので悪しからず。

 

このラーメン、盛り方がスゴイ。

 

具だくさんでこんなに丼よりも高く盛っているのは、ある意味スゴイ。

 

ビールとスパイシー、なポテト。

 

醤油なラーメンとチャーハン。

 

食後はあるものを調達する為、オトコ3人(ココ重要・・・?)でイオンモール探索の旅へ。

 

目的品は、なんと一番遠い「ACTIVモール」にあるらしく、行き帰りで○kmの旅路。

 

歩いているだけでも意外と楽しいもの。何度来ても毎回新しい発見があるのがオモシロイ。

 

なぜか不思議と写真を撮りたくなる場所がアリマス。

 

ナゼデショウ・・・? コストコの魔術・・・?

 

アクティブモールで無事に任務終了。

 

駅も探索して、なんとなく夜景を。海浜幕張の夜。

 

午前樣位までは眠らない街なのだとオモイマス。明日も幕張・・・zzz。

 

 

saipan-da * イベント * 23:52 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

半年ぶりの幕張メッセ

スーパーハードモード継続中の為、長らく更新停止状態でしたが・・・なんとか息をシテイマス。(--;)

 

朝早くからトヨタレンタカー樣へ赴き、一年ぶりとなる箱車を入手。毎年恒例のレジアスエースバン(通称:レジバン)でしたが、なんとビックリ。

 

 

走行距離1656kmのほぼ新車、でした。(^^)

 

新車だけにシフトを見てさらにビックリ。なんとマルチマチックの6速AT仕様にナッテイマシタ。

 

これは最高のオモチy・・・ではなく車を手に入れることが出来てハッピーハッピー。

 

半年ぶりとなる幕張メッセへの道のりがとても楽しい旅路とナリマシタ。

 

そして、恒例のイオンモール幕張新都心グランドモールでランチタイム。

 

幕張メッセは半年ぶりでしたが、イオンモールは考えてみるとお正月に訪れていたので3ヶ月ぶり。(--;)

 

○年連続、利休の牛たん定食をイタダキマシタ。

 

とても幸せな美味しさであることは変わりナシ。スバラシイデス。

 

そして、幕張メッセに到着。今回のレジバン、なんと黒色。これは実に珍しいとオモイマス。

 

荷降ろしをしていると「すとぉーっぷ!すとぉぉぉーーっぷーー!!!」という怒鳴り声と共に「ガシャッ」という鈍い音が。

 

2トンの箱車が大型トラックのミラーを破壊している現場を見てシマイマシタ。(--;)

 

AMT車のようだったのでクラッチ操作ではなく単純に乗りなれていなくてやってしまった・・・そんな感じに見えました。

 

乗ってみると分かりますが、トラックのバックは乗用車よりも死角が多いので慎重にならないとイケマセン。

 

そして無事にオシゴトを終え、夜のお疲れ様タイム。

 

2500円で時間無制限食べ飲み放題のスバラシイお店を発見。

 

なかなかオシャレで、そして静かな大人の空間がスバラシイ。

 

ちょっと写りがワルイですが、「品質的に」魅力的な品々多数。

 

チーズが4種類。

 

バーニャカウダな野菜達と白身魚のマリネ。

 

温料理の数々。

 

ワッフル発見!!!

 

ノンアルコールでもドリンク多数。

 

アルコールは・・・飲めないのでパス。(--;)

 

とても楽しそうなTEAMメンバーをパシャリ。

 

この魅力的な機械は・・・

 

自動でビールをちょうどよい感じに泡立ててくれる「Mr.ビール」な機械サマ。

 

自分はウィルキンソンのビン炭酸水を頂戴シマシタ。

 

とても自分好みな品々。見るだけでシアワセになることがデキマス。

 

とてもシアワセ。

 

料理長特製カレーとビーフシチュー。

 

ビーフシチューに本日の一等賞を差し上げます。

 

疲労困憊で頭のネジがとんでしまったのか、ホイップたくさんのワッフルとエスプレッソ。

 

ついでにピスタチオなナッツも盛り盛り。

 

大変美味しくイタダキマシタ。時間が経つのは早いもので、時間は22時を回りお開き。(お店は23時まで営業というスバラシイ仕様)

 

泥のように眠ってしまったのは言うまでもなく。原因不明の足首痛(前日に整形外科へ飛び込み診察済)がピークを迎えているらしく、病院処方の湿布を貼るとものすごくジンワリと効くのを実感。やはり病院処方はスバラシイ。(--)zzz

 

 

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

埼玉県から群馬県某所、走り屋(?)の聖地へ

朝6時起床。前日23時半に寝ているだけあって、意外と起きることができるもの。(自分にとってはとても早い時間ナノデ)

 

まだ完全に太陽の光があたってないせいか、ちょっと白味がかった感じの山々。

 

ココに来たら、朝の露天風呂は絶対にハズせない!ということで、揃ってお風呂へ。

 

裸で外に出ると、寒さでピリッと引き締まる身体。しかし普段とは違うとても澄んだ空気を吸いながら入る露天風呂は格別ナノデス。さすがの弟も唸ってイマシタ。

 

そして7時半、ちょうどよくお腹が空いたころに朝ごはんデス。

 

まずは水分補給。牛乳、オレンジジュース、りんごジュース、どれも一級品。(オイシイデス)

 

そして本日の朝ごはん。

 

ちょっと前よりも品数少なくなった・・・?と思いながら、やはり今回も目の前にある鍋を眺めていたら、

 

ドォン、運ばれてきてこの通り。やはり朝から「夕食」のような定食にゴザイマス。(^^;)

 

同じように(?)写真を撮る面々。しかし、こうして見るとやはり量の多さを改めて認識シマス。

 

コレ一応、朝ごはんなので。

 

サラダ。

 

納豆&海苔。

 

おろしシラス。

 

お新香。

 

そして写真撮り忘れてしまいましたが、温かいお豆腐。その豆腐用の生わさびと小ねぎ。

 

今回も唸った、お手製卵焼き。この卵焼きを食べるとシアワセになれます。

 

ゲスト2名も同じように唸っていました。

 

にしんの昆布巻きも一緒に。

 

がんもどき煮。

 

赤魚の西京焼き。

 

フキ入りお味噌汁。

 

麦ごはん用トロロ。

 

麦入りのご飯。お替りどうですか???と尋ねてくれますが、食べたいけど入らないのデス・・・。(^^;)

 

お茶とりんごジュース。今回は念願の牛乳もイタダキマシタ。

 

締めはデザートのフルーツヨーグルト。

 

食事が終わり、もう何も食べられないという一同。宿内の立派な木を見て、ボーっとする。

 

それなりの年月は経っているようですが、綺麗に手入れサレテイマス。

 

客室の配置、こんな風になっています。部屋の種類と広さで通される部屋が違ってきます。

 

腹ごなしに、部屋の外で景色の撮影会。

 

太陽がしっかりと出てきたおかげでこの通り。

 

湿度が少ないせいかガスっぽくなくてGood♪と思っていたところで気づいてしまいました。

 

よぉーく見てみると、風でゆらゆらしている木々から「ガス状の霧のようなナニカ」が吹き出している!!

 

くしゃみの原因、コレだった・・・?(--;)

 

そして、10時にチェックアウト。前回も出迎えてくれて自分のことを覚えていてくれた中居さんと充分に(?)雑談して、出発。

 

またこの場所が近くなった気がシマス。

 

そして、前回雪が結構残っていた県道合流地点。まだ雪が残っていることに驚き。↑

 

やはり雪は侮ってはイケマセン。

 

下久保ダムの縁を通り過ぎたところで、やはり写真撮影。

 

ここは絵になるせいか、入れ替わりで誰かしらが写真を撮っている・・・そんな場所デス。

 

とても良い天気でこの通り。綺麗なエメラルドグリーンの色です。

 

そして、写真を撮る。

 

前回、下久保ダムそのものを撮ることができなかったので、絶好のポイントを見つけて途中下車。

 

先程通ってきた縁の部分をマジマジと見つめる・・・の図。

 

ついつい、通っている時に地震にあったらどうしよう。そんなことを考えてしまうのデス。

 

そして車を走らせ向かった先は、前回見つけた農産物直売所。かんなの湯に隣接する場所なので、とてもわかりやすいのです。

 

ここで調達した地元のばあちゃんが作っているという白菜の漬物。それに3食で260円という他では買えない地粉うどん。さらにこんにゃくのカタマリも。すべて無事に調達完了。ここの野菜、上里カンターレの直売所よりもちょっと安いのでじっくりと調査するのがヨシ、デス。

 

そしてお次は上里PA近くの「上里カンターレ」。何度見ても知らない人が見たらアレに見えてしまうのではないか・・・と、ついつい考えてしまう。

 

前回訪れたときには気がつかなかった、新たな施設を発見。後で寄ってみることに。

 

そして土産の調達はココしかない!ということで、がっつりと調達。お菓子の試食もガッツリと。

 

大量に買ったので紙袋2つ分になってしまいました・・・。(--;)

 

そして、新たな施設へ。おかき、あられ、工場直売店「中央軒煎餅」と書いてアリマス。

 

ほとんどの人はカンターレの駐車場に入れているせいか、車はたったの2台だけ。もしかして、カンターレ混み混みのときはこちらのほうが良い・・・?(^^;)

 

目の前の風景はごらんの通り。

 

そして、いざ尋常に(?)突撃!

 

こ、これは?!

 

・・・ということで、美味しくお買い上げさせてイタダキマシタ。(←にっぽんご、ムズカシイデース)

 

新潟方面から関越道を通ってくると、この面を見た人は多いハズ。コレが目印です。気になったら、是非PAに車置いて足を運んでみてクダサイ。

 

再びカンターレを横目に、今度は物産館へ。

 

なんと、偶然にもイチゴ祭りが開催されていました!(^^;)

 

前回よりもとてつもなくお買い得品が並んでいましたが、ここはやはり。

 

前回美味しかった「やよいひめ」にターゲットをしぼり購入。その他、野菜を大量に購入させてイタダキマシタ。やはり、安い。

 

時間的にお昼ではあったものの、例によって朝食の影響でお腹は空かず。

 

予め想定(前回の経験から)していたので、ちょっと遅いランチTIMEまでのつなぎに味噌こんにゃくを。

 

そして、買い物を終え次なる目的地へ出発。

 

弟が「群馬エリアに入った以上、絶対に行かなければならない場所がある!」と言うことで、

 

高速を使って行ってみることに。

 

上里PAはスマートICが併設されているので、なんとETC装着車両は関越道へ入ることがデキマス。

 

初めてのスマートIC体験でしたが、無事に入線デキマシタ。(^^)

 

高崎、前橋を通り過ぎて、渋川伊香保ICにて下車。一般道をしばらく走り、到着した場所は・・・

 

「ようこそ伊香保温泉へ」

 

渋川伊香保ICを降りてからずっと登り続けてきたにも関わらず、この道はまだまだ登り調子。

 

山々を水平と考えると、明らかに勾配がきついのがよくワカリマス。(^^;)

 

覚悟を決め、伊香保温泉郷を通り過ぎて県道33号線、榛名山へ。

 

この県道33号線そのものが目的地であり、登り始めからがワクワクの連続。(弟談)

 

興奮しながらひたすら登り続け、ようやく車が止められる場所を発見。

 

なんと、展望台のようになっていました。

 

伊香保温泉、高根展望台。標高1029mにゴザイマス!

 

県道33号線のスタート地点である伊香保温泉が遥か下にミエマス。

 

すごい高さを登ってきたことを実感。(--;)

 

そして、再び車を走らせ向かった先は・・・

 

この場所。峠です。しかも「ヤセオネ峠」という名ということを初めて知りました。

 

この道の先には「榛名湖」がアリマス。

 

この場所は20年前に有名になった某カーアクション漫画の舞台となったところで、この峠が見事にそっくり描かれてイマス。

 

社会現象にまでなった漫画(後にアニメ、映画化)だけに、この場所を訪れる人達は未だに多いラシイデス。(俗に言う聖地)

 

この給水塔がランドマーク的存在ですが、建てられて何年経過しているのデショウ・・・?

 

ちなみに原作では「榛名山」ではなく別の名前で呼ばれていましたが、他の山々は普通に「赤城山」「妙義山」と出てくるので不思議なもの。

 

とても懐かしい感じを思い出しながらも、写真をバシバシと撮ってしまいました。

 

そして驚いたことがひとつ。

 

なんと、路線バスが走ってマシタ。たんなる峠の側道と思っていましたが、ちゃんと役割があったことを初めて知りました。

 

ご覧の通り。

 

真夜中にココに来たら、側道はもしかしたらもしかするのかもシレマセン。(^^;)

 

写真撮影を程々に、さすがにお腹が空いてきたので最終目的地の榛名湖へ向かうことに。

 

ヤセオネ峠から程なく走ると(途中メロディーラインがあってビックリしましたが)榛名湖畔に到着!

 

まずは楽しみにしていた「わかさぎ定食」を食べることに。

 

榛名湖に差し掛かったところで一番最初に目にするレストラン「彩湖庵」さんに入ってみました。

 

店内は畳席と椅子席の2種類、今回は椅子席で。「

 

わかさぎ定食(1430円)をいただくことに。

 

程なくして運ばれてきたわかさぎ定食を見てビックリ。

 

わかさぎの量がなかなかのもの。

 

「子持ちの雌も数匹入っているので、塩で召し上がることをオススメします」という店員さんのお言葉を信じて一口。

 

本当にソースや醤油をかけたら勿体無い、それくらい味のあるワカサギでした。最後まで塩だけで、まったく飽きること無く楽しむことがデキマシタ。

 

母親も「わかさぎってこんなに美味しい魚だったんだ」と感動。今回一番のビッグな出来事になったヨウデス。

 

山菜も盛り沢山。このお店に入って大正解でした。(^^)

 

遅いランチも終わり(食べ終わったのが15時・・・)秋名、じゃなくて榛名湖畔を散策してみることに。

 

所々雪が残っているのは、さすが標高1000m超。

 

無料の駐車場があるので、車を止めて下車。

 

 

榛名山の山頂へはロープウェイが運行されているので、簡単に行くことがデキマス。(大人往復840円)

 

今回は誰も興味がないので、スルー。

 

ワカサギの養殖場らしき場所を発見!

 

今は冬。夏になったら全てが緑色に変わるのでしょうか・・・?

 

湿地帯に整備された木道を歩くことがデキマス。

 

所々に雪があるのはお約束。

 

湖畔はまだ薄い氷が張ってました。なんでも、榛名湖が完全結氷したのは7年ぶり・・・と何処かに書いてありました。

 

ワカサギ釣りが相当楽しめたラシイデス。

 

やはり氷は冷たそう。(^^;)

 

そして、目的を達成した弟を記念撮影。

 

「今日のオレサマはオーラをまとっている!!」

 

・・・と言っていたかどうかは定かではありませんが、とても満足の様子。下からのアングルで、とても足が長く見えるのデス。

 

時間も時間なので、最後に榛名湖周遊道路を1周して帰ろうということに。

 

榛名湖温泉なるものを発見!

 

・・・が、その先でなんと通行止め。周遊の夢は次回に持ち越しということに。

 

帰り際、ふと気付きました。

 

大きなスワンを発見! 青いビニールシートのはたぶん、小さなスワンだとオモワレマス。

 

暖かくなるまで、この場所で待機しているのデショウ。

 

帰りは行きの33号線とは違う道で高崎方面へ向かいましたが、その道がなかなかの悪路で大変でした・・・。(--;)

 

45分で高崎駅前に到着。

 

ちょっと気になる看板を見つけました、高崎駅前。

 

最後の買い物を済ませ、18時半に高崎駅を出発。往路は一般道で来ましたが、帰りは関越道〜圏央道で帰ることに決定。

 

なんと20時には圏央道の愛川ICを降りていたので、2時間で横浜市内の実家に到着。2人とも驚いていましたが、空いていると近い群馬というイメージを持ったヨウデス。(自分も含め)

 

今回の埼玉〜群馬旅はこれにて終了!

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

埼玉への旅路、再び

本日金曜日。

 

朝早くから横浜市内へ出向き、SAIPANDA実家組(母&弟)を積み込み国道16号を爆走。

 

一般道をひた走り、とある場所へ向かう途中にラーメン屋さんでランチタイム。

 

偶然にも豚骨ベースのラーメン屋さん。

 

塩とんこつの味玉ラーメンを頂戴イタシマシタ。

 

卓上にタマネギのみじん切りがあったので・・・

 

大量投入して八王子風にしてみました。

 

そして、再び一般道を走ること2時間でほぼ目的地・・・の直前。

 

薬局を見つけたのでちょっと立ち寄り。

 

マルエドラッグ、入ってみてビックリ。なんとあの「活蔘」が普通に破格なお値段で売ってました。

 

これはビックリ。

 

そして、今度こそ今回の目的地に到着!

 

どこかで見たことのあるこの場所。そう、1ヶ月前の今頃に訪れたあの場所デス。

 

話を聞いた今回のゲスト2人に強要(?)され、仕方がなく連れてきて差し上げマシタ。(--;)

 

偶然にも楽天スーパーセールが開催された為、今回もまた50%OFF価格で利用させてイタダキマシタ。(オヒトリサマ5600円・・・?)

 

チェックイン時、前回と同じく「ゆず茶なウェルカムドリンク」をいただく。

 

なんと、通された部屋は前回と同じ号室デシタ。さらに中居さんが自分の事を覚えていてくれたことに驚き。

 

どうも特徴的なナニカ、があるらしいデス。

 

そして12畳の部屋はやはり広い。あいにくの天候ではあるものの、明日はヨイテンキになるはず。

 

長井まんじゅうも健在♪

 

気温は8℃。やはり標高が上がると同じ地域でも2℃チガイマシタ。

 

到着したら、まずはお風呂。いつもは一人風呂ですが、今回は弟と二人風呂。

 

お風呂語はマッサージ、これ定番。

 

フットマッサージも。

 

弟も楽しんだ様子。

 

そして18時、お待ちかねの夕食タイム。

 

お楽しみ料理、スタート!

 

食前酒は「生姜酒」。

 

向付は「真鯛」「鮪のたたき」「烏賊」の3種。

 

公魚の酢漬け。

 

蛸と里芋の煮物。

 

なます。

 

みずとアサリのヌタ。

 

生ハムクリームチーズ巻き。

 

武州牛の時雨煮。

 

先椀の「蕪寄せ、花弁真丈、とろろ昆布」。

 

煮物「うすい万頭 若竹餡掛け」。

 

焼物、鰆漬け焼き。ふきみそ、花蓮根添え。

 

相肴、あんこうの唐揚げ。ピーマンとレモン添。

 

酢の物替り、サーモンとアボガドのサラダ。

 

そしてメイン登場、台の物。

 

大きな徳利に見える、タジン鍋。

 

蓋をとってもらうとこのとおり。

 

牛肉と地野菜のタジン鍋。だったんそば塩と深谷葱味噌がついてます。

 

見た目と香りだけでも美味しさが伝わってくるので、開けた瞬間を大切に。

 

塩をつけて、美味しくイタダキマシタ。

 

2通りからチョイスできる主食(食事)。今回は「地粉うどん」を醤油ダレででイタダキマシタ。

 

この地域で生産された小麦粉が使われた細麺のうどん。また帰りに入手していこうとオモイマス。

 

香の物は自家製ぬか漬けと菊大根(酢漬け)。

 

もう食べられない〜!と言いながらも、デザートまで完食。

 

水菓子は桜餅とキウイフルーツ。

 

写真に撮り忘れましたが、今回はオレンジジュース(100%)をオーダーしてみました。改めて気づいたのが「グラスに氷が入っていない」こと。ちょうどよい温度になっている+かさ増ししていないことに感謝、です。(^^)

 

今回も薪ストーブは稼働していませんでしたが、いつかは萌えて・・・燃えているところを見てみたいデス。

 

帰りに挽きたてドリップコーヒーをテイクアウト・・・は出来ず。(おなか一杯ナノで)

 

一休みして、また21時くらいにお風呂&マッサージをスルのでした。

 

本日2回目のお風呂でしっかりと疲れを癒やす。

 

明日に向けておやすみモードへ・・・。zzz

saipan-da * イベント * 22:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

上里、高崎、そして東京へ

高崎市内へ行く前に、上里SAに隣接する「上里カンターレ」という名のお城のような場所へ寄り道。

 

門構えからしてお城のような建物なのですが、なんとここは・・・

 

洋菓子の製造工場ナノデス!!

 

万全の準備を整え、いざ出陣!!

 

なんと、いちご狩りの施設まで隣接するという観光地仕様。

 

店内は大賑わい。関越道を通る際に上里SAで休憩がてら、歩いてカンターレに立ち寄る人も多い様子。

 

カンターレの駐車場が大きいので、上里スマートICで下車して立ち寄るのがオススメデス。(上里スマートIC目の前なので)

 

結構大きめなバウムクーヘンが6個も入ったパックが400円という破格。プレーン、グラースのかかったちょっと高級版、チョコバウム等、種類も豊富。アウトレット品はバウムクーヘンに限らず、ラスクやクッキー等その時によって変わるようです。

 

運が良ければ製造中の風景を見ることが可能。

 

そう、ここではベーカリーのパンも人気品のひとつ。↑の108円表示はピロシキだけではナイノデス。

 

ほとんどの品がなんと108円!! 種類豊富な惣菜パンが、なんと108円。大事なことなので3回言います、108円で買えちゃいます。

 

バウムクーヘン工場もしっかりとアリマシタ。右下のほろ苦バウムクーヘン・・・どうみてもカラメルがかけてあるように見えるのですが、日曜日限定販売だそうです。

 

ケーキ販売コーナーもあり、なおかつ「アマルフィ」というイタリアンビュッフェのレストランまでアリマス。

 

訪れた11時過ぎ時点では1時間待ち、となっていました。

 

高崎が近いだけあって、イタリアンフードに力を入れているのも納得。

 

カンターレでの一通りの買い物を終え、車に押し込んで再び散策。

 

看板に導かれるべく歩いていった先には「上里いちご&トマト園」が。これでもかというくらいビニールハウスがたくさんアリマス。

 

食べ放題はさすがに元が取れないので、せめて直売をと訪れましたが・・・なんと「いちご狩り優先」で直売停止中とのこと。(^^;)

 

隣接する農産物直売所で販売しているというので、諦めて退散することに。

 

このお城のような建物、関越道からも「ハッキリと」見えるので、見えたら是非寄ることをオススメシマス。

 

そして、農産物直売所へ。カンターレの目の前なので迷うことはアリマセン。

 

例によって、直売所は野菜が安い! 出てくる人がみんな「野菜まみれ」なのがよくワカリマス。

 

長ねぎ、地元で買う値段の半額以下なので・・・買い込んでシマイマシタ。ネギ好きナノデ。

 

そして、念願のイチゴもたくさん並んでイマシタ。4パック分、頂戴シマシタ。

 

白菜、久しぶりに「一玉」買った気がシマス。

 

キャベツもたくさん。

 

ふきのとう、安い!!(^^;)

 

レタスはものすごい量(重さ)で280円。

 

一つ前に立ち寄ったところで購入したうどん、ここでも売っていました。

 

さすがは小麦王国。

 

一通りの買い物を終え、車へ帰着。カーナビを見て驚きましたが、この場所の地名は「勅使河原」。

 

「君の名は。」を観ている人なら「おっ?」と思ったことデショウ。

 

再び車を走らせ、移動開始。もうひとつ、寄ってみたかった場所がアルノデス。

 

その場所は・・・

 

ついにやって参りました、ガトーフェスタハラダ!!

 

ここはなんと、本社であり工場でもある場所。ホームページで宮殿のような場所であることは知っていましたが、まさか本当に神殿のような場所だったとは・・・。(--;)

 

店内に入ると、中には長蛇の列が。

 

直売と言っても定価で安くないのですが、すごい来訪客に驚き。

 

駐車場では他県ナンバーが結構いたので、せっかくなら立ち寄ってみよう!というSAIPANDA家と同じ目的の人々とオモワレマス。

 

都内では百貨店で購入できるのでココに買いに来る必要はないのですが、訪れてみてワカリマシタ。

 

「群馬県内4箇所限定」と書かれた一品の存在。ここでしか買えないものが存在することで、来訪客を増やしているようです。(他にも関東限定なるものもアリマシタ)

 

無料のドリンクバーが設置されているので、長蛇の列に我慢した後はここでひと休憩。

 

紙カップまでオシャレデシタ・・・。(--;)

 

帰り際、ケーキまで販売されていることに気づきました。ガトーフェスタハラダ、おそるべし。

 

ガトーフェスタハラダを出発し、いよいよ最終目的地へ向かうことに。

 

向かった先は高崎駅前。駐車場に車を放り込み、高崎オーパ(イオン系?)という建物へ潜入。

 

なかなかオシャレな今時系の建物でしたが、向かった先は7階。

 

「開運たかさき食堂」に到着!!

 

お昼はココと決めていたので、無事に到着できて何より。事前情報で気になっていた「シャンゴ風パスタ」と「もつ煮」に決定。

 

娘たんはローストビーフ丼をチョイス。

 

この7階はいくつもの店舗の料理を、中央のエリアで持ち込んで食べることが出来るというスバラシイ形態。

 

お言葉に甘えて(?)、イロリホールで食すことに。

 

ローストビーフ丼はネギたっぷりのソースで、今まで食べたローストビーフ丼の中ではピカイチ。グレービーソースよりはこういう和風のネギソースのほうがオイシイとオモウノデス。

 

こちらがシャンゴ風パスタ。個人的にコレ、気に入りました。

 

一口目で「?!」「ジャージャーパスタ?!」と思いましたが、食べるごとに美味しさを感じる一品。カツレツとジャージャーなソースにパスタ、これはなかなか相性ヨシ。

 

モツ煮も美味しく頂戴シマシタ。

 

小籠包も頼んでシマイマシタ。(^^;)

 

レストラン街は7階と8階。どちらもなかなかオシャレな空間。

 

高崎まで来て良かった、とオモイマシタ。

 

なんとなく、高崎駅前を撮影して終了。時刻は17時、そろそろリミットTIME。

 

高崎ICから関越道に入り、先程までいた「上里カンターレ」の建物が見えてきたところで、まさかのハプニング発生。

 

「事故渋滞11km、60分」の表示。

 

惜しくも最初にこの地へ訪れるために降りたICである「本庄児玉」で下車、一般道で帰ることに決定。

 

17時半でしたが、カーナビにセットすると到着予定時刻は20:30。ちょうど3時間なら全く問題なし!ということで一般道をテクテクと帰りました。

 

もともと高速道はキライなほうなので、一般道のほうが疲れずに帰れることをあらためて認識。

 

夕飯はスシローに決定、かる〜くつまむ程度に。このシーズン、アン肝があるのがウレシイところ。

 

ついでに大好物の白子ポン酢も。

 

厚切りの鯛も美味しゅうございました。

 

イカ天も・・・。(^^;)

 

そして帰宅して荷物の整理。カンターレで購入した108円のパンs。これで756円デス。

 

そして、今回購入したイチゴsはやよいひめ。

 

児玉町産のやよいひめにゴザイマス。

 

さっそく4パックをみんなで「食べ放題」。食べてみて驚きましたが、甘さにバラツキがまったく無し。やはり買うべきところで買ったイチゴはオイシイモノでした。

 

ということで、今回の旅はコレにて終了!

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Good-bye埼玉、YA-YA群馬!

宿を出発して県道331号線への短い道を行く・・・も、この道は下り坂。

 

10時を過ぎていてもなかなか太陽の当たらない場所らしく、所により凍結モードナノデス。

 

恐る恐る降りていって、県道331への合流地点。

 

慎重に曲がらなければナリマセン。

 

331号は道が細く、また太陽が当たりづらいところはこの通り。↑


下久保ダムに差し掛かるまでは所々、こんなところがアリマス。

 

ダムの縁(正確には縁の上部を車が通る)まで来てしまえば一安心。国道462号には雪はまったく無いので安全に進めます。

 

国道462号に入ってしばらく走った所に、道の駅「上州おにし」があるので早速立ち寄り。

 

道の駅の建物の前に、古い小学校(?)の校舎がアリマス。

 

職員室と書かれた札がなかなかスゴイ。年代物であることを伺わせます。

 

そして道の駅の中、売店とレストランの併設型です。

 

お腹がいっぱいなので食すことは叶いませんでしたが、スゴイものを発見。

 

下久保ダムを再現した「ダムカレー」とのこと。

 

カレーだけではなく、ラーメンまで発見してしまいました。ダムを構成しているのはなんと「豆腐」ラシイデス。

 

そしてダムカレー・・・全国各地にたくさんあるのを初めて知りました。(--;)

 

いろいろと工夫してご当地物を生み出してるのがよくワカリマス。

 

建物の1階に、展示ホールがありました。

 

このあたりで採れるものや、地域の説明が展示されていました。

 

造作出来る工房まで発見。土日祝日限定でオープンしている様子。

 

比較的小規模の道の駅ですが、なんと、電気自動車用充電スタンドが設置されてました。

 

80%充電で1回500円。

 

そして道の駅を出発して一路、群馬・高崎方面へ一般道を進みます。

 

途中、地場モノアンテナがピピッとなったところに寄り道。

 

なんと、ゆーゆーランドという日帰り温泉もある施設でした。

 

そこに見えるは「かんなの湯」。

 

そして予想通り存在した「農産物直売所」突入!

 

地場野菜がたくさん♪

 

こんにゃくの種類の多さも流石デス。

 

オトクな野菜を一通り頂戴シマシタ。

 

そして驚いたのがピザ専用の焼き窯を発見してしまいました。焼き立てを食べることができるようで、ここのウリらしいです。

 

買い物は程々に、再び新たな目的地へ出発。

 

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

神泉は朝ごはんもスゴイ

朝6時起床。

 

平日ではアリえない起床時間デス。(^^;) 

 

窓をあけてバルコニーに出れば、そこにはとても清々しい空気が存在する。

 

ソレダケデスバラシイ♪

 

6時半、朝風呂をするべく露天風呂へ。

 

こういうとき、朝から温泉に入るのはとても気分が良いのデス。目も覚めるので一石二鳥!(^^)

 

皆考えるのは同じようで、朝から風呂客多数。それでも明るい中での雪見風呂を楽しみマシタ。

 

お風呂後はサクッと着替えて、オタノシミの朝食タイム。

 

朝7時半と8時の2択だったので、迷わず8時をセレクト。

 

そして席についておっ?と思いましたが・・・

 

どんどん運ばれて朝食はこの状態にナリマシタ。(^^;)

 

よく写真と実際のソレが違うことはありますが、良い意味でチガイマシタ。

 

朝からコレはスゴイ。

 

なんと、朝からオヒトリサマ用の鍋付き。

 

もうすでに到着した時には火が入っていたので、すぐに食べることができました♪

 

ヨーグルト&フルーツなデザートもさりげなく混ざっていました。

 

お新香、さらに豆腐用の薬味の本わさび&ネギも。

 

この豆腐がほんのり温かくてなかなか良かったデス。大根おろしとシラスも。

 

職人技が一番光っていたのがこの卵焼き。何層にもなっていて、層ごとに焼いた良い香りが閉じ込められていてGood♪

 

五目巾着と青菜の煮物。

 

赤魚の西京焼きと大葉(?)の味噌包。

 

歯ごたえ抜群の新鮮納豆。納豆嫌いの娘たんがしっかりと完食!(^^;)

 

麦入りご飯にトロロで、麦とろご飯の完成!

 

鍋は鶏もも肉の良い出汁がしっかりと出ていて、なおかつ「すいとん」まで入っていて最高の一品デシタ。

 

そういえば、飲み物も「牛乳」「リンゴジュース」「オレンジジュース」が用意されていました。

 

残念ながら牛乳にチャレンジするのを忘れてしまいましたが、きっとオイシイはず。

 

1時間近くの食事TIMEで、いつも最後になってしまうSAIPANDA家。

 

ビッグボリュームの朝食も美味しくイタダキマシタ♪

 

食後は楽しみにしていたピアノTIME。結構な時間、使わせてイタダキマシタ。

 

ドリップなコーヒー(フリー)を飲みながら、ノンビリTIMEを過ごす。

 

9時に部屋に戻ると、外の景色は完全に晴れ。

 

視界もとてもクリアーになっていました。

 

ダム湖の色。神流湖の下には昔、集落があったそうです。

 

10時チェックアウトなので、時間通りにチェックアウト。

 

今回のお供であるJukeサマはラゲッジスペースがとても小さいので、荷物を積むのに一苦労ナノデス。

 

最後に宿付近をひとまわり。

 

まだまだ雪がたくさん・・・(^^;)

 

公園方向へ行くこともできましたが、今回は安全優先で諦めることに。

 

散歩道があるようなので、暖かくなったら付近を散歩するのも楽しそうです。

 

やはりこれは必須の場所ということナノデショウ。

 

山の上に立っているのがよくわかる構図。

 

そして、ようやく次なる目的地へ向けて出発!

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

お待ちかねの夕食TIME

とても楽しみにしていた夕食TIMEが到来!(^^)

 

予定時間の19時にレストランへ突撃。

 

席へ着くなり用意されていたのは・・・

 

食前酒と先付(前菜)、お刺身4点盛り。

 

食前酒は生姜酒。

 

しかし自分は飲めないので・・・ペロッと一口だけ口にして奥様へバトンタッチ。

 

娘sは当然のことながら「YES! アルコール、ノードリンク!」なので、リンゴジュースを。

 

当日用(日付入り)のメニューもしっかりと用意されていたことに驚き。

 

先付は六品。

 

蛸の旨煮、公魚(わかさぎ)の南蛮、武州牛時雨煮、数の子、大豆チーズとトマト。

 

柚子風味の公魚南蛮がめずらしく、意外とSAIPANDA家内で好評。チーズもなかなかに美味。

 

六品のうちのひとつ、松前漬けは切り干し大根(?)が入っていてなかなか良い食感。

 

向付(お刺身盛り)は「鯛」「鮪」「烏賊」の3種類。鮪は中トロと赤身の2種なので、実質4点盛り。

 

テーブルが大きいので、それなりに離れて見える・・・の図。↑

 

約一名、がっついているように撮れてしまいましたが・・・キノセイデス。(--;)

 

なぜかしかめっ面の娘たん。(^^;)

 

料理は次から次へと出てくるもの。

 

これは「煮物(炊き合わせ)」。海老芋、蟹団子、花麩、姫蕪、グリーンピースの5種。

 

これは「先椀」。蕪寄せ、手鞠麩、とろろ昆布入りのお吸い物。

 

 

これは「焼物」。鰆の照り焼き、蕎麦饅頭添。

 

これは「相肴」。なんと、あんこうの唐揚げ。しし唐&レモン添。

 

これは「酢の物換わり」で、今回はローストポークサラダ。綺麗な色の海藻ボール、ルッコラが入っていて、クリーミーナッツドレッシングがかけてアリマス。

 

これがメインディッシュである「台の物」、牛肉と地野菜のタジン鍋。

 

なが〜い蓋が付いた状態で運ばれてくるので、テーブルにのせた時点で蓋を外してくれます。

 

そして蓋をあけるとこの状態。全て地場野菜が使用されているとのことで、ブロッコリー、ニンジン、エリンギ、えのき茸、ジャガイモの5種野菜入り。

 

お肉はこの「だったんそば塩」「深谷葱味噌」をつけてイタダキマス♪

 

そして食事としての締めとなるのはこの三種。

 

これは「湯葉餡かけご飯」、タラコと湯葉の相性がバッチリ。

 

香乃物は「自家製ぬか漬け」、3種類。

 

2回目のお椀は「止椀」の名で、味噌汁が登場。

 

これまでの量が多くてご飯が〜!という人には「地粉うどん」という選択肢もアリ。(最初にどちらをチョイスをするか確認がアリマス)

 

醤油ダレまたは胡麻ダレを選べます。今回は娘たんだけうどんをチョイス。

 

そしてコースの最後はデザート、「水菓子」。

 

コーラは別オーダーしたものなので、コースには含まれませんノデアシカラズ。

 

三色蕨餅、キウイフルーツの盛り合わせにゴザイマシタ。

 

何気に食べてみないとわかりにくいかもですが、コースの総量としてはものすごい量だったりシマス。

 

SAIPANDA家の面々も途中から「こ、これはっ・・・」となっていたので、本当にスゴイデス。

(もちろん大変美味しゅうゴザイマス♪)

 

1時間ちょっとの食事TIMEでしたが、大満足で終了。

 

食事TIME後は館内を散策。エントランス付近でホームページに書いてあった「グランドピアノ」を発見しました。

 

このように書いてあったので、明日の朝使わせてもらうことに決定。

 

最奥には卓球台がアリマシタ。これもホームページに書いてあったのを思い出しました。

 

やりたかったものの、食べたばかりで動けず・・・。(--;)

 

エントランス付近で小休憩、おちつきます。(^^)

 

ふと、この宿がある「神川町」の案内を観てビックリ。いくつもの言語に対応していました。

 

部屋に戻ると、しっかりと布団が敷かれていました。この宿は夕食の間に布団をセットしてくれます。

 

そして、妙な(?)ハイテンションのぽんたごんに強制され、一緒にトランプをする娘たん・・・の図で夜は進行シテイキマシタ。

 

ちなみにトランプはもちろん、他の遊具もフロントで貸出しているのでオススメ。

 

奥様は早々に「気絶」していたので、ゆっくりと休めたことデショウ・・・。(--;)

 

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ