<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

橋本七夕まつり2018

仕事休みの母親と2人、夕方から橋本七夕まつりへ。

 

毎年、金曜日から日曜日の3日間開催されるので、この日はまさに初日。18時半にもかかわらず結構な人の入り。

 

今年は酷暑なので、余計にこの時間が賑わうのかもしれません。ましては金曜日、仕事帰りに寄る人も多数のことデショウ。

 

お題:夕日と高層タワーマンションと七夕

 

 

お、オリンピックのキャラクターと七夕・・・?

 

良い天気〜と思っていたら、母親が橋本に来るまでに途中どしゃぶりの雨が降ってきたと一言。

 

迷わず傘の準備をしておきました。

 

あっという間に暗くなってしまい・・・暑いのでかき氷を。

 

・・・と並んでいたら、ゴロゴロゴロドドドドーン!という音と光の演出が。

 

最近の七夕まつりはとても迫力が・・・

 

ということではなく、程なくして雨がザバァァァァ!!と降ってきました。

 

それでもかき氷はしっかりとイタダキマシタ。

 

上海焼きそばも。

 

赤城ポークのチョリソーも頂きました♪

 

そして食べ終わって駅に戻った頃、ついにバケツをひっくり返したような「本格的などしゃぶり雨」が降ってきたのでした。

 

これは日頃の行いが良かったと解釈・・・しておくことにシマス。

 

そして21時にはお出かけしていた一行が無事に戻り、八王子までレンタカー返却のシャトルをして一日終了!

 

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

佐渡・新潟旅最終日

佐渡・新潟旅の最終日の日曜日。

 

昨年は最終日の夜行便で帰っていたものの、今年は久しぶりの昼行便で帰ることに。

 

ホテルの宿泊プランは朝ご飯をつけなかったので、9時にちょっと外出してPRONTで朝ご飯。

 

最近、ホテルの費用(特に土曜泊)が高騰していて、新潟も多分ににもれず良い値段。アートホテルは駅前でマイステイズグループなのもあってか、朝食の値段もスゴイデス。(お一人さま1600円)

 

連日美味しい和朝食を食べてきたので、違う意味で食べたくなってくる洋食で。

 

PRONTとBECKSのモーニング、何気にお好みデス。

 

車中泊も入れると6泊、7日目の朝でも元気そうな娘たん。

ちょっと朝食をのんびりしすぎてしまいました。

 

駅のお土産売り場で最後のお土産とお昼ご飯を調達。

 

娘たんが飴もなかなるものを入手していました。

 

おけさ製菓の佐渡土産もしっかりと置いてありました。

 

のんびり過ぎてしまったので、すぐに戻って10時20分にチェックアウト。(チェックアウトタイムは11時まで)

 

ホテルを出ると、目の前が高速バス乗り場。アートホテルは高速バス乗る人にはおすすめのホテルです。(UCCのドリップコーヒーも3種類飲み放題!^^)

 

新潟駅南口は始発点だったようで、すでにバスは待機中。待ち時間ゼロでバス中へ移動というベストタイミング。

 

バス中はエアコンバッチリで涼しく良い感じ。しかし、後で分かりましたがこの日の新潟地方はフェーン現象による猛暑で「38.3℃」を記録したとのこと。佐渡でさえも「37.4℃」もあったそうです。

 

10時35分、定刻通りにバスは出発。

 

写真の構図からオープンバスに見えてしまう面白い状態。↑

 

いよいよバスは出発、しばし新潟県内を走ります。

 

高速道路をひた走り、一箇所だけある立ち寄り地へ。

 

途中、広大な水田の中を一本走る新幹線の線路を見つつ。

 

立ち寄り地は長岡駅大手口。2年前、長岡花火大会の夜にこの場所から乗ったのを思い出しました。

 

関越道の昼間の車窓、なかなか良い感じなのでおすすめです。

 

窓側の席でぼーっとするのもなかなか良いものデス。

 

そして、バスは最初の休憩ポイント「越後川口」へ。

 

PA内で錦鯉の展示がされていました。流石は一大産地。

 

休憩時間は大体15分、再びバスは走り出します。

 

お昼ご飯は新潟駅ビルで調達したおにぎりを。新潟駅新幹線口には立派なお土産売り場があるので、そこでお昼を調達するのがオススメです。

 

自分はすじこと赤飯。娘たんはすじことまいたけ。

 

お米音痴でもワカル、新潟の美味しいごはん。美味しくイタダキマシタ♪

 

途中、巨大な(平べったい)建造物を発見したのでパシャリ。これはいったいなんの建物なのか・・・?

 

群馬県に入り、どんどん緑が多くなっていく。そして、首都圏側には雲がたくさん。

 

2回めの休憩地、赤城高原。

 

この場所も恒例ですが、今回はスイカジュースなるものを発見。

 

バスへ戻る途中、面白いものを発見。

 

「愛の旅株式会社」、スゴイです。

 

しかもこのバス、1世代前ですが三菱ふそうのエアロクィーンでした。

 

埼玉県に入り、おなじみの建造物を発見。

 

上里カンターレ、今年すでに3回訪れている場所デス。

 

そして最後の休憩地、三好PA。ここは降車せず・・・寝ていてたまたま目が覚めたので。(--;)

 

そして、ダイヤ通りの17時ジャストにバスタ新宿に到着。

 

1分のズレもなく到着したことに驚きです。

 

今回の7日間の旅はこれにて終了。来年の今頃は19歳になっている娘たん、もう来年の話をしているので行く気は満々の様子。

 

珍道中はまだまだ続く見込みデス。

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

佐渡滞在最終日、いよいよ新潟へ

旅のホテル佐渡で迎えた朝。前日に荷物の整理やら、いろいろとしていたので少々寝不足気味。

 

それでもせっかくの朝ご飯を無駄にしてはイケナイ!ということで、食券を握りしめて1階レストラン味彩へ。

 

朝になると「朝食会場」の張り紙がしてありました。

 

味彩店内、食券を渡して好きなものをビュッフェスタイルでイタダキマス。

 

ぼーっとしている娘たん。いつもよりもハードな暑さに負けた感がありますが・・・まずは佐渡牛乳を飲み干すことからハジメマス。

 

ちょっと取りすぎてしまった感じの朝ご飯。

 

サラダ盛りだくさん。

 

しゃぶしゃぶ形式の温野菜。

 

そしてココにはあった!いごねり。大量にイタダキマシタ。

 

いごねりと塩辛は絶対に外せません。あったら絶対食しましょう。

 

バラエティ豊かにイタダキマシタ。

 

フルーツも。

 

最後に気づいて食べられなかった一品で「佐渡バター」がありました。ものすごい大きさの佐渡バターが置いてあって、パン用に好きな量をとっていけるスタイル。次回リベンジしなければナリマセン。

 

今回の部屋は最上階の5階。眼の前にガソリンスタンドとAコープが見える部屋でした。

 

目を佐和田方面に向けると「たばこ・酒」と書かれたコンビニのようなお店も。

 

佐渡病院移転前からある商店らしく、ホテル利用者には重宝・・・?

 

ルートイン等と同じスタイルのカードキー。一人一枚もらえるので一安心。

 

今回残念ながら行けなかった大浴場。女性用には大浴場専用のカードキーがもらえます。

 

そして10時半にチェックアウト。(通常チェックアウトタイムは11時)

 

夜には見ることが出来なかった、ホテルの外観をパシャリ。

 

もうちょっと広角で撮ると、こんな感じの場所に建っています。

 

目の前にはAコープ。今回時間の関係で行けなかったですが、なんと佐渡名産中心のエリアがあるらしく・・・行っておけばよかったと後悔。

 

両津港にほど近いヤマト運輸の営業所に立ち寄って、不用品を自宅へ発送。旅は身軽がヨイノデス。(ちなみに箱は140サイズダンボール)

 

今回の総走行距離は344.9km。ガソリンは25リッターだったので、あまり燃費は良くなかった・・・?

 

ニッポンレンタカーに無事車を返却。

 

すぐに両津港まで送ってイタダキマシタ。

 

佐渡汽船乗り場に到着。まだ人はまばら。

 

空席あり、となってます。

 

最近は便利な情報端末があちこちにあるもの。

 

チケット購入も自動販売機が使えるので便利。もちろんカード決済OK。

 

なんと、満席表示だった一等イス席があいていたので、それに決定。

 

サクサクっと操作して、座席指定までして購入完了。

 

無事、QRコード付きのチケットを入手。

 

残り時間でお土産売り場を物色。

 

相変わらずの不動のお土産、上位3位。

 

なんと幻の2000個待ち状況の弥吉丸のカニむき身を発見!

2倍以上の値段で販売されていました・・・。(--;)

 

そして、いよいよ改札開始。

 

サドッキーの見送りを受け・・・

 

出発!!

 

帰りの船はおけさ丸。例年ときわ丸だっただけに、とてもお久しぶり。

 

ふと海を見ると、ちょうどジェットフォイルが入港してくるとこでした。

 

おけさ丸に向かって、出陣!

 

懐かしのおけさ丸ロビー。やっぱり、ときわ丸とは全然違います。昭和な感じがシマス。

 

売店で再びいろいろと物色。

 

佐渡乳業の牛乳だけイタダキマシタ。

 

いよいよ船室へ。

 

久しぶりのおけさ丸一等室。

 

出港してすぐに、外国のお姉さまsがかもめと楽しそうに戯れていたので、ちょっと微笑ましい雰囲気に。

 

佐渡牛乳を飲みながら、のんびりうたた寝の船旅。

 

2時間ちょっとで新潟港へ入港。もう、見るだけで暑そうな感じデス。

 

下船前、ロビーに押し寄せる人たち。流石は昼間の便、それほど客は多くなかったようです。

 

そして、驚くべきことに最終便は「就欠航未定」の表示。台風の影響でしたが、最終的には欠航になったのでした。

 

比較的空いていたので、バスで新潟駅へ。

 

新潟駅は北口に到着するので、がんばって南口へ。今回の最終宿泊先、アートホテルにゴザイマス。

 

なが〜い廊下を歩いて部屋へ。今回はなんと11階。

 

とても良い眺めの部屋にございました。

 

荷物を置いて、再び外出。

 

新潟駅南口、なにやら駅前が騒がしくお祭り騒ぎになってました。

 

そしてバスに乗ってとある目的地へ。

 

毎年恒例、イオンモールに到着。

 

都会っ子娘たん、ちょっと切れかかっていたウィンドゥショッピングエネルギーをここで補給していました。

 

夕飯は「肉がいい!」ということで、とあるお店に。

 

娘たんは牛タンレディースセットをオーダー。

 

なんと牛タンシチュー付きでした。

 

自分は牛タンとなにかの焼き肉のセット。

 

肉を求めていた体に美味しく吸収されました・・・。(^^;)

 

娘たんはセットのデザートが運ばれてきてビックリ。結構な量のマンゴーシャーベットなのでした。

 

食後のデザート?にスターバックスのスペシャルメニューを頂いてイオンモール探索を終了。

 

再びバスで新潟駅へ戻りホテルへ・・・。旅の疲れか、そのまま気絶モードで翌日へ。

 

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

佐渡のNew Face探訪の旅

いつものごとく、早いもので海府荘滞在最終日。

 

7時起床。

 

滞在最終日の、朝の食事をありがたくイタダキマス。

 

肉味噌豆腐、大好物デス。

 

本日の魚は煮魚で鯖。

 

デザートはなんと、大好物の干し柿。個人的にシャーベットよりも干し柿のほうが好物ナノデス。

 

納豆を完全克服した(?)娘たん。3日連続、しっかりと食していました。エライデス。

 

9時半に海府荘を出発。3泊4日の滞在、今回も大変お世話になりました。

 

1時間程車を走らせ行き着いた先は・・・

 

毎年恒例の佐渡セントラルタウン。

 

12年前に初めて訪れてからというもの、訪島して訪れなかったことはアリマセン。

 

サクサクっとめぼしいものをチェックして、さらに移動。

 

ココも去年から引き続きで。できる限り佐渡経済に貢献するべく、地元のお菓子屋さんでお土産を調達シマス。

 

御菓子処、しまやさん。

 

娘たんも、お友達へのお土産をココで調達。

 

「佐渡地鶏ひげ」の卵を使った商品があるのです。

 

このフルーツ卵ロール。これが相当美味しいと聞くのですが、なかなか食すタイミングがアリマセン。

 

今回も時間的にダメだったので、次の機会に。

 

そして12時の5分前になんとかこの場所へ。

 

毎度おなじみ、回転寿司屋弁慶。

 

お昼ちょい前だったので、なんとか待たずに入店できました。(^^)

 

早速オーダー。

 

ふと貼ってあるので気がつきましたが、なんと弁慶。東京の銀座に進出したようです。

 

佐渡産活きあわびを使った最高鮮度のお寿司。

 

毎回のことですが、これは必ずイタダキマス。美味しいです、ウラギリマセン。

 

そしてこれも裏切らない、お買い得130円プライスのかわはぎ。もちろん、佐渡産。

 

これは佐渡産イシダイ、190円。

 

これも佐渡産、真イカ。

 

そして、佐渡産サザエの活き造り。

 

以前はサザエもお寿司で食していましたが、いつの頃からかお造りでいただくことに。

 

すこしでも多く食べたいので、サザエは握りではなくこのほうがヨイノデス。

 

ちなみに、結構な大きさで2個520円にゴザイマス。

 

こちらは佐渡産真アジ、130円。

 

これも佐渡産メジナ、同じく130円。

 

やっぱりリーズナブルで美味しい弁慶のお寿司。ランチをしっかりと堪能することが出来ました♪

 

ランチ後は、今回お初となるお店でカフェタイムをすることに決定。

 

ちょっとだけ車を走らせ(と言っても10kmはありますが・・・)とある場所へ。

 

佐和田から西三川方面へ向かう途中にある「しまふうみ」というカフェに到着。

 

昨年情報はキャッチしていましたが、時間の都合上行くことができませんでした。

 

今回は「コインランドリー&ヤマト運輸」へ行く必要がないので、その時間を利用してみることに。

 

赤いパラソルが目を引く、このお店。パラソルのある場所は、基本的にオープンテラスエリアとなっているので、お店で頼んだものを座って食べることができるのです。

 

早速、お店へ行ってみることに。

 

お店の入り口。

 

ちょうどランチ時でもあったので、外にはランチメニューの看板が。

 

基本はベーカリーなので、お店に入るとパン類が目にはいります。

 

美味しそうなパンはもちろん・・・

 

ケーキ類のデザートもあり。

 

ガトーショコラとドリンクをそれぞれオーダーしてみました。

 

店員さんに「店内と店外、どちらでお召し上がりになりますか?」と聞かれたので・・・

 

迷わず「店外」、外のテラスを選択しました。

 

そう、ここの醍醐味はこのテラス。近年稀にみる炎天下の佐渡であっても、ここは丘の上。日よけがあればそれなりに涼しい・・・ハズ!

 

結構な確率で外国からの観光客に遭遇しますが、ここでも。なぜか絵になるのが不思議。

 

延々と広がる海。

 

この海を眺めながらぼーっとするのはとても良いものデス。

 

オーダー品が届くまでの人質(物質?)となった像さん、ちょっと切なく見えますが届くまでの辛抱です。

 

白屋根の席もあるので、結構席数あります。

 

ブランコ風のチェアも。

 

秋頃、なんかとても良いとオモイマス。絶対に良いとオモイマス。

 

暑さ対策か、建物からミストが吹き出していました。

 

像さんが待ちくたびれて↑こんな状態になってしまった頃に・・・

 

運ばれてきました。像さん、無事にスタッフさんに回収されていきました。

 

自分は西三川産の100%りんごジュースを。

 

娘たんは佐渡産牛乳を。

 

炎天下ということもあり、大変美味しくイタダキマシタ。

 

なぜか無意味にメガネを撮影。

 

同じくカメラを撮影。

 

1時間半くらいのんびりと過ごしました。

 

駐車場でびっくり、なんと「わ」ナンバーの外車がいらっしゃいました。しかも、プジョーのオープンカー。

 

駐車場は道路を挟んで反対側にもあるので、結構車も駐車できます。

 

しまふうみのホームページ

https://www.shimafumi.com/

 

カフェタイム後は国仲平野をドライブ散策。

 

なんとなく良い感じだったので、車をとめて撮影してみました。

 

広い、広大、スバラシイ。

 

ニッサンノート君とも一枚。

 

そして毎年恒例のとある場所へ。

 

2時間半もの間、娘たんの相手をしていただき感謝の言葉しかありません。

 

そして、今回も訪れることができました。言わずと知れた「扇寿司」。

 

ありがたく、上寿司とサザエ2貫を頂戴しました。

 

年々、上寿司の内容がグレードアップしている気がするのですが・・・それよりもなによりも、やっぱり握り方。

 

握り方が最高なのです、このお寿司。

 

変わらぬ職人の握る寿司、継承していってほしいとオモイマス。

 

お寿司を食べながら談笑し、気がつけば20時近く。大変長い時間を過ごしてしまいました。

 

そう、いつもならば駆け足で19時半のカーフェリーに飛び乗って新潟へ渡るところですが・・・

 

今年はいつもと予定を変えています。

 

向かった先は佐渡病院近くにあたらしくオープンした、旅のホテル佐渡。(7月19日オープン)

 

なんと、以前から話題になっていた「ルートイン佐渡」と思われるホテルが違う形になってしまったようで、佐渡にある「ホテル吾妻」の系列で誕生した新しいホテルです。

 

今回オープニングセールと楽天キャンペーンで朝食付き、8040円(スタンダードダブル、大人二人分)で確保できました。

 

モノトーンで落ち着いた感じで、ここがエントランス。

 

併設されるレストランは、あの釜飯で有名な「味彩」。

 

ホテル内も黒を貴重とした娘たん好みのモノトーン基調で、とても良い感じ。

 

ホテルの紹介はまた後日。

 

ほどよく近い場所にあるローソンへちょいと買い出し。

 

ちょっとデザートを入手してみました。

 

ミルクティー白玉寒天、もはや意味不明ですが・・・それなりに美味しくカンジマシタ。

 

最新式のホテルだけあって、スバラシイこと多数。

 

ランドリーも3台ずつ(洗濯・乾燥)あるので、しっかりと洗濯することができました。(これがコインランドリーに行かなくても済んだ理由という・・・)

 

佐渡滞在最終日は金曜日ではなく、初の土曜日となったのでした。

 

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

早起きは三文のなんとか・・・早朝釣りは涼しい

朝5時。長いこと7月に佐渡旅をしてきましたが、5時前に起床したのは記憶にある限り・・・初めてのこと。これはとてつもなく、驚くべき、素晴らしいこと(?)です。

 

とはいえ娘たんはいつも5時半には起きる生活をしているので、なんの苦労もない・・・そうです。(--;)

 

早朝5時、日が登る前はとても涼しいのに驚き。

 

目的は早朝釣りをすること。前回釣りは朝マズメ、夕マズメと聞いたので、実践あるのみということで。

 

ここは関漁港。昨年の場所とは反対側でやってみることに。

 

そこに見えるは昨年の場所。

 

今回は反対側で。

 

釣りを。

 

今回から3mの釣り竿でトライ。関漁港の漁師さんから釣り竿短すぎるよ〜!と言われたので新調してみました。(前回は1.65m)

 

釣りをしていると竿の先端に止まるトンボさん。釣り竿をゆらゆらしても、決して逃げません。

 

お魚さんはたくさん、大きいのも見えますが・・・釣れるのは小アジのみ。(^^;)

 

途中から、どこからか来たお子様sが小アジをサビキでたくさん釣ってましたが・・・残念ながら大物はもとより中物も得ることはできず。(--;)

 

小アジさんには海へお帰りイタダキマシタ。

 

早朝釣りを7時半に終了し、8時から朝ご飯。

 

地元野菜の人参、きゅうりをイタダキマシタ♪

 

サバの塩焼き。夜はご飯(米)を食べる余裕がないので、朝は貴重なお米タイム。

 

お味噌汁はアラ汁、デザートにはおけさ柿シャーベット。

 

美味しくイタダキマシタ〜!

 

食後はまったり、のんびりと。

 

今年は例年では稀に見る暑さの佐渡。炎天下の釣りはとてもきついものになると分かりつつも、

 

外へ出発。

 

途中、高千のAコープに寄り道。ここには氷もフローズンドリンクもあるのでとても重宝します。

 

そして向かった先はやはり姫津漁港。

 

海を覗いてみるとまったく魚影がないことが分かったので・・・

 

場所を変えてみることに決定。

 

水田を横目に向かった先は・・・

 

平根崎の手前にある漁港。

 

水面を見ていると、小魚はもちろんちらほらと大きな魚も見えたのでここで釣りをすることに決定。

 

こちらは根掛かりしそうだったので、

 

波止場側で釣ってみることに。

 

ところが、残念ながら当たりナシ。ちょっと暑さもきつくなってきたので、社内で避暑しつつ北側へドライブすることに。

 

2年ぶりの岩谷口付近。

 

大野亀方向へひたすら走る。

 

トンネルをくぐれば見えてきた大野亀。

 

時間的にここまでが限界だったので、大野亀でUターン。

 

途中、工事が完了した見晴らしの良い場所にちょっと停車。

 

この急カーブの先に見えるのは・・・

 

この景色。実に高いです、怖いです。高所恐怖症には・・。(--;)

 

そして15時、関漁港に到着。

 

早朝に釣れなかったので、リベンジを。

 

昨年の場所で糸を垂らしてみるも、なぜか反応ナシ。

 

仕方がないので、朝と同じ場所に移動。

 

大小様々なお魚さんが、たくさん。

 

娘たん、無の境地で釣りをする・・・の図。

 

程なくして当たり・・・ではない小アジさまが飛び上がってきました。

 

小アジさまに用事はないので・・・

 

海へお帰りイタダキマス。

 

サビキの餌を放り込むと、面白いくらいに沢山の種類のお魚さんが寄っては

きますが・・・

 

やっぱり小アジさま。

 

さらに小アジさま様。

 

1回だけ大きな魚さまがヒットしたものの、逃げられてしまい残念・・・。

 

もっと経験していかなければならないようです。

 

17時まで釣りを楽しんだあと、サクッとお風呂に入って夕食タイム。

 

今回からオールフリーが入荷していたので、それで乾杯!

 

この日の夕飯も盛りだくさん、例によってご飯は入らないので・・・。

 

とても大きな鯛の兜煮。コラーゲンたっぷりにゴザイマス。

 

ブリの麹漬け焼き。

 

メジマグロ、ふぐ、トビウオの酢漬け。

 

ギンバソウの和え物。

 

サザエつぼ焼き。

 

イカ塩辛。

 

キュウリのお新香。

 

フグキムチ鍋。

 

ヒラメの陶板焼き。

 

もずくの茶碗蒸し。

 

フグ唐揚げ。

 

鯛の兜煮解体に挑戦する娘たん。

 

サザエつぼ焼き、美味しくイタダキマシタ♪

 

早朝から釣りDayな一日。食べたあと部屋に戻ってそのまま気絶したのは言うまでもなく・・・。zzz

 

 

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

本日海日和・・・でも暑い!

朝7時起床。前日夜から爆睡に近かったので、起きるのが大変大変・・・。zzz

 

外は海日和、良い天気!

 

最高気温は33℃の予想。

 

 

海に行くにはエネルギーを補給、ということで朝ごはんをしっかりと。

 

健康的な朝食をイタダキマス!

 

塩サバに秋刀魚の煮付け、ダブルお魚。

 

食後のデザートにはおけさ柿シャーベット登場!

 

娘たんは苦手な納豆をしっかりと食べてました、スバラシイ。

 

食後は車で15分の場所にある入崎海水浴場へ。昨年に引き続き、同じ場所デス。

 

ここは温水シャワー完備、自販機あり、レンタル品もあり・・・と一通り揃っている良い場所。

 

車を3分くらい走らせればAコープもアリマス。

 

自販機も3台、まず全てが売り切れることはアリマセン。

 

日除け用のサンシェードを組み立て、シュノーケル準備・・・の前に変態オヤヂの撮影タイム。これだからヘムタイは困り物。

 

海は穏やか・・・に見えますが、意外と波打ち際はザッパン、ザッパァァン言ってます。

 

準備が整ったので・・・

 

出陣!

 

今回から自分は腰下もラッシュガードを装着。(女性用サイズでしたが、ちょうどピッタリ)

 

これで日焼けすることアリマセン。

 

海の中はちょっと濁り気味。

 

目の前にいきなりウニが浮いててビックリしましたが・・・。

 

下に潜って上にいる娘たんを撮影するも、なかなか難しい。

 

なんと言っても水中カメラは「スマホ」。スマホに簡易防水ケースを装着しただけのものなので、仕方なし。

 

お魚さんもところどころに。明日、なんとしても釣り上げ・・・たいという想いが沸々と。

 

お昼は前日に買い込んでおいた品々で。

 

なかなかに豪快なメニューナノデス。

 

ちゃんと、主食らしきものも用意しておいたので一安心。

 

食後休んでから2回めのトライ。娘たんにダイビング用のフィンを貸してみましたが、これまたすぐに使いこなしてしまったのでスバラシイ。

 

とても重たいフィンなので初心者は使いにくいことこの上なしのハズですが、血筋なのかもシレマセン。

 

ちなみに自分は娘たんがつけていたショートトレッカーを装着。

 

奥の方に行くと水深も5m位になるので、視界もちょっと暗くなる。

 

潜っていると、上から娘たんに盗撮されてイマシタ。

 

深いところへ潜っていき・・・

 

5m付近で撮影するとこのような感じ。

 

近寄るとそれなりに見えるので、潜るとやはり面白い。底面は水温がとても低いのでちょっと震えますが・・・。(--;)

 

娘たんも足がつかないところでも問題なし。すごく深いところにいるようにミエマス。

 

1時間ほどフラフラして、2回めの遊泳終了!

 

上に上がると、なぜかお互いそっぽを向いているカモメさん発見。

 

近寄ったら、一斉に飛び立ってしまいました。(--;)

 

そしてこちらも2回めの撮影タイム。懲りないヘムタイオヤヂデス。

 

宿へ帰る前に、近所の釣具屋さんへ立ち寄り。

 

ちょっと塩漬けのイソメさんを頂戴シマシタ。

 

ふとバス停が気になったので見てみました。

 

これが時刻表。

 

そして、無事帰着。

 

すぐにお風呂に入ったのは言うまでもなく。サッパリしてちょっとのんびりしたところで・・・

 

お楽しみのお夕飯タイム。

 

本日は、ザ・和食な夕飯にゴザイマス。

 

いつものごとく、ご飯を食べる余裕はないので今回もパス。

 

とてつもなく眠いので、写真だけつらつらと。オールフリーが入荷していたので美味しくイタダキマシタ♪

 

明日は釣りDay。

 

週末29日に台風がとてつもなく接近するとの情報・・・果たしてどうなることやら。

 

 

saipan-da * イベント * 22:15 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ただいま、そしてお久しぶりのくつろぎの宿

1年ぶりの佐渡市某所に到着! 当初予定時間を15分も過ぎてしまいましたが、何事もなく到着できたことを喜ぶことにシマショウ。

 

天気はとても良いものの、関東のような酷暑はナシ。車のエンジンを切って放置していても、それほどキツくはならないのが助かるところ。

 

事前に発送しておいた荷物を紐解き、明日以降の準備などを。

 

そしてちょっと早いお風呂に入ってくつろぎタイム。

 

夕食時の18時半になって通された場所はココ。とてつもなく広い部屋の真ん中に机がぽつーんとあって、ビックリ。

 

なんと、昨年まで畳だった部屋がなんとフローリング仕様に変わっていました。

 

これから机と椅子が整備されていくそうです。

 

そして、テーブルの上にはすごい数の食器類が。

 

今回無理を言って特別にフレンチ料理をお願いさせて頂きました。(フレンチは通常11月から3月の期間限定なのです)

 

席につくなりパンが運ばれてきました。

 

そして前菜登場。

 

蟹身ときゅうり(海府荘産)をオリーブオイルとシンプルな味付けで和えた前菜。

 

一口目から娘たん、大絶賛。

 

そして、サイダーで乾杯!

 

そして次なるメニューが登場。

 

鴨肉とフォアグラのテリーヌ、プルーン添。

 

もう2品目で気分的には大満足の娘たん。しかし、まだまだ続きます。

 

数種類のキノコのクリーム煮をパイで包んだもの。

 

これまで登場したメニューの全てがそうですが、味付けのバランスがとても良い。ひとことで言うならば、濃厚で優しい味付け。濃くするだけで刺々しい味は多いですが、そうではない。一口進める度にそれを実感してしまう。

 

このメニューは特に好評らしく、単品でリクエストオーダーが出るそう。それも納得、また食べたいと思ってしまいました。

 

そしてシェフ自慢のジャガイモの冷製スープ。

 

冷製スープを作るのが大変なのはSAIPANDA亭でも作っていただけによく知っていますが・・・とてもたくさんの量が惜しみなく登場。海府荘産のジャガイモを使い、オニオンと生クリームを最小限の味付けで「水分はほとんど足さずに」冷製スープとして仕立てているそう。

 

気がつけば2回目のパンが登場。冷製スープにつけて食べるパンもまた絶品。

 

鯛のソテー、オリーブオイルとハーブをベースにしたソースで。

 

シンプルなソースほど、鯛の旨味をうまく引き出してくれるのだと思います。

 

キウイのグラニテ。

 

一見、デザートに見えるコレ。デザートであって、デザートでない氷菓。

 

ワインの風味がきいていて、なかなかに大人な味。

 

肉料理を出す前に舌をリセットするために出す役目がある、らしいです。

 

そして登場した肉料理は「仔牛リードヴォーのソテー」。

 

リードヴォーと言う名の肉は「仔牛の胸腺(きょうせん)」の部位らしく、仔牛からしか取れない上に確実にあるものでもないことから希少部位として有名な食材らしいです。自分自身、初めてその名を聞きました。フレンチでもなかなか希望通りに食べることは難しい、そんな部位を用意していただいたことに感謝!

 

プリッとした食感とクセのない上品な仔牛肉を、これまたフレンチなソースで贅沢に。

 

登場3回目のパンをソースにつけて、余すことなくイタダキマシタ♪

 

娘たんはここまでで結構お腹いっぱいに。(自分も同じですが・・)

 

コース最後は真のデザート登場!!

 

ソースからフォンダンショコラを焼くまで、完全お手製のスペシャルデザート。数ある洋菓子店が崇めるほどのこのデザートはこの海府荘でしか食べることがデキマセン。

 

フォンダンショコラの表面(カリッとした部分)がとても薄く、食感がとてもGood。普通に焼くとどうしても焼き部分が厚くなってしまうので、これはシェフの為せる技と言えます。

 

こちらもソースを余すことなく全てイタダキマシタ♪

 

ブラックなコーヒーで食を美味しく締め。

 

今日のフレンチなコースは普通に食べたらそれだけでお値段が・・・ですが、大変素晴らしい体験をさせてイタダキマシタ。m(_ _)m

 

前日からの疲れもあって、もうすでにお休みモードに突入・・・明日に備えてSee you tommorow!

saipan-da * イベント * 21:37 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

リベンジ赤泊、弥吉丸


車をひたすら走らせ、約40kmの道のりを旅シマス。


約1時間で赤泊、弥吉丸に到着!

昨年豪雨で道路が寸断されて断念していたこの場所、ようやくたどり着けました。2年ぶりに。


店内に入るなり「試食用の蟹置いておきますね〜!」とありがたいお言葉。

とりあえずはmissionです。


目的の「冷凍剥き身」を探したところ、衝撃の事実が判明。人気が出過ぎた(便利すぎた)為に生産が追い付かず、無期限の販売休止中とのこと・・・。

2000個も待ち客がいるとのことで、あえなく購入断念。(--;)


仕方ないので、茹でズワイガニとばい貝大袋を自宅へ送ることに。

以前にも発送していたので、名前を言うだけで発送手続き完了♪ ありがたや!


お買い物後は安心して、試食をいただくことに。試食と言ってもひとり一杯デス。


娘たんも慣れた手つきでチャカチャカと解体していき・・・


大変美味しく、ミソもたっぷりとイタダキマシタ♪


弥吉丸滞在時間、なんだかんだで30分でした。


再び車を走らせ、来た道をひたすら逆走。


両津にある行きつけのお店、浜焼き屋しんちゃんへ!


ちょうど観光バスがいたので、大忙し。



変わらぬビッグサイズの佐渡産岩牡蠣。


サクサクっとオーダーして焼いてもらいます。


程なくして、最初に「ホタテ」と「サザエ」が登場。

浜焼きは焼いてしまうとどれも美味しそうに見えますが、このお店のは店主がた素材が使われているのでいつも同じ品質。

焼きダレも甘すぎずちょうど良いのです。


次に本日のオススメのイカ姿焼きが登場。

生のイカを焼いてくれるので、これまた絶品。柔らかいです、程よい塩加減です、オイシイデス。


そしてメインはビッグサイズ岩牡蠣のちょい炙り。

生に近い触感、美味しさに程よく焼いた薫りが漂う・・・個人的には一番美味しいと思う食べ方です。

前日にもとても美味しい牡蠣を頂きましたが、朝採れの鮮度はここでしか味わえません。

娘たんも大満足(何回目かの・・・?)のお昼とナリマシタ。


時間はいつの間にか14時ちょっと前。

スーパーfreshマツヤに寄って必要品をお買い物。西三川産のフルーツにとても引かれましたが・・・買うわけにもいかず。


面白いくらいに敷き詰められたアイスの箱を見ながら、食べるアイスをチョイス。

さくっと食べて、海府方面へ出発!
saipan-da * イベント * 10:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

佐渡ナンデス


定刻より5分遅れで両津港に着岸。

8時35分に佐渡入りを果たしました〜!


今回も素晴らしい船旅をありがとう、ときわ丸・・・と心の中で御礼を言ってみる。


レンタカー会社の迎えのバスが来ているので、ささっとニッポンレンタカーサマへ。


今回のお供は日産ノート君でした。(^^)

燃費が良いのはよぉ〜く分かっているので、良いアサインです、素晴らしいです。

ちょろっと薬局に立ち寄りして、赤泊エリアへ向かいます。

去年の通行止めのリベンジを果たすべく。(--;)
saipan-da * イベント * 09:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ぐっも〜にん、新潟


早朝5時25分、新潟駅に無事到着。

運転手の方が研修中なのか、いつもと違う感じがありましたが・・・

とりあえずは無事に新潟入り。


南口着だったので北口に渡るのが面倒・・・と思っていましたが、ちゃんとtaxiいてくれました。


taxiで佐渡汽船ターミナルへ。

すぐに券売機で切符を購入。到着時間が読めなかったので、当日購入にしておきました。


新しい催しを発見!


搭乗開始!

乗船開始・・・?


そしていつもの船室へ。


出航!


すぐにフードコートへ。


佐渡牛の新メニュー?!


今回の朝食はいつもとちょっと違う感じで。


自分はいつものながも蕎麦。


娘たんは「ときわバーガーセット」。


なんと、ズワイガニ身たっぷりのカニクリームコロッケのサンドです。初めて食べましたが、本当に身がたっぷり。

良い朝食をイタダキマシタ。


窓の外にはカモメさん。



しばし、船旅を・・・。
saipan-da * イベント * 05:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ