<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 埼玉への旅路、再び | main | 朝から返却、そして休み暇なく用事をこなす >>

埼玉県から群馬県某所、走り屋(?)の聖地へ

朝6時起床。前日23時半に寝ているだけあって、意外と起きることができるもの。(自分にとってはとても早い時間ナノデ)

 

まだ完全に太陽の光があたってないせいか、ちょっと白味がかった感じの山々。

 

ココに来たら、朝の露天風呂は絶対にハズせない!ということで、揃ってお風呂へ。

 

裸で外に出ると、寒さでピリッと引き締まる身体。しかし普段とは違うとても澄んだ空気を吸いながら入る露天風呂は格別ナノデス。さすがの弟も唸ってイマシタ。

 

そして7時半、ちょうどよくお腹が空いたころに朝ごはんデス。

 

まずは水分補給。牛乳、オレンジジュース、りんごジュース、どれも一級品。(オイシイデス)

 

そして本日の朝ごはん。

 

ちょっと前よりも品数少なくなった・・・?と思いながら、やはり今回も目の前にある鍋を眺めていたら、

 

ドォン、運ばれてきてこの通り。やはり朝から「夕食」のような定食にゴザイマス。(^^;)

 

同じように(?)写真を撮る面々。しかし、こうして見るとやはり量の多さを改めて認識シマス。

 

コレ一応、朝ごはんなので。

 

サラダ。

 

納豆&海苔。

 

おろしシラス。

 

お新香。

 

そして写真撮り忘れてしまいましたが、温かいお豆腐。その豆腐用の生わさびと小ねぎ。

 

今回も唸った、お手製卵焼き。この卵焼きを食べるとシアワセになれます。

 

ゲスト2名も同じように唸っていました。

 

にしんの昆布巻きも一緒に。

 

がんもどき煮。

 

赤魚の西京焼き。

 

フキ入りお味噌汁。

 

麦ごはん用トロロ。

 

麦入りのご飯。お替りどうですか???と尋ねてくれますが、食べたいけど入らないのデス・・・。(^^;)

 

お茶とりんごジュース。今回は念願の牛乳もイタダキマシタ。

 

締めはデザートのフルーツヨーグルト。

 

食事が終わり、もう何も食べられないという一同。宿内の立派な木を見て、ボーっとする。

 

それなりの年月は経っているようですが、綺麗に手入れサレテイマス。

 

客室の配置、こんな風になっています。部屋の種類と広さで通される部屋が違ってきます。

 

腹ごなしに、部屋の外で景色の撮影会。

 

太陽がしっかりと出てきたおかげでこの通り。

 

湿度が少ないせいかガスっぽくなくてGood♪と思っていたところで気づいてしまいました。

 

よぉーく見てみると、風でゆらゆらしている木々から「ガス状の霧のようなナニカ」が吹き出している!!

 

くしゃみの原因、コレだった・・・?(--;)

 

そして、10時にチェックアウト。前回も出迎えてくれて自分のことを覚えていてくれた中居さんと充分に(?)雑談して、出発。

 

またこの場所が近くなった気がシマス。

 

そして、前回雪が結構残っていた県道合流地点。まだ雪が残っていることに驚き。↑

 

やはり雪は侮ってはイケマセン。

 

下久保ダムの縁を通り過ぎたところで、やはり写真撮影。

 

ここは絵になるせいか、入れ替わりで誰かしらが写真を撮っている・・・そんな場所デス。

 

とても良い天気でこの通り。綺麗なエメラルドグリーンの色です。

 

そして、写真を撮る。

 

前回、下久保ダムそのものを撮ることができなかったので、絶好のポイントを見つけて途中下車。

 

先程通ってきた縁の部分をマジマジと見つめる・・・の図。

 

ついつい、通っている時に地震にあったらどうしよう。そんなことを考えてしまうのデス。

 

そして車を走らせ向かった先は、前回見つけた農産物直売所。かんなの湯に隣接する場所なので、とてもわかりやすいのです。

 

ここで調達した地元のばあちゃんが作っているという白菜の漬物。それに3食で260円という他では買えない地粉うどん。さらにこんにゃくのカタマリも。すべて無事に調達完了。ここの野菜、上里カンターレの直売所よりもちょっと安いのでじっくりと調査するのがヨシ、デス。

 

そしてお次は上里PA近くの「上里カンターレ」。何度見ても知らない人が見たらアレに見えてしまうのではないか・・・と、ついつい考えてしまう。

 

前回訪れたときには気がつかなかった、新たな施設を発見。後で寄ってみることに。

 

そして土産の調達はココしかない!ということで、がっつりと調達。お菓子の試食もガッツリと。

 

大量に買ったので紙袋2つ分になってしまいました・・・。(--;)

 

そして、新たな施設へ。おかき、あられ、工場直売店「中央軒煎餅」と書いてアリマス。

 

ほとんどの人はカンターレの駐車場に入れているせいか、車はたったの2台だけ。もしかして、カンターレ混み混みのときはこちらのほうが良い・・・?(^^;)

 

目の前の風景はごらんの通り。

 

そして、いざ尋常に(?)突撃!

 

こ、これは?!

 

・・・ということで、美味しくお買い上げさせてイタダキマシタ。(←にっぽんご、ムズカシイデース)

 

新潟方面から関越道を通ってくると、この面を見た人は多いハズ。コレが目印です。気になったら、是非PAに車置いて足を運んでみてクダサイ。

 

再びカンターレを横目に、今度は物産館へ。

 

なんと、偶然にもイチゴ祭りが開催されていました!(^^;)

 

前回よりもとてつもなくお買い得品が並んでいましたが、ここはやはり。

 

前回美味しかった「やよいひめ」にターゲットをしぼり購入。その他、野菜を大量に購入させてイタダキマシタ。やはり、安い。

 

時間的にお昼ではあったものの、例によって朝食の影響でお腹は空かず。

 

予め想定(前回の経験から)していたので、ちょっと遅いランチTIMEまでのつなぎに味噌こんにゃくを。

 

そして、買い物を終え次なる目的地へ出発。

 

弟が「群馬エリアに入った以上、絶対に行かなければならない場所がある!」と言うことで、

 

高速を使って行ってみることに。

 

上里PAはスマートICが併設されているので、なんとETC装着車両は関越道へ入ることがデキマス。

 

初めてのスマートIC体験でしたが、無事に入線デキマシタ。(^^)

 

高崎、前橋を通り過ぎて、渋川伊香保ICにて下車。一般道をしばらく走り、到着した場所は・・・

 

「ようこそ伊香保温泉へ」

 

渋川伊香保ICを降りてからずっと登り続けてきたにも関わらず、この道はまだまだ登り調子。

 

山々を水平と考えると、明らかに勾配がきついのがよくワカリマス。(^^;)

 

覚悟を決め、伊香保温泉郷を通り過ぎて県道33号線、榛名山へ。

 

この県道33号線そのものが目的地であり、登り始めからがワクワクの連続。(弟談)

 

興奮しながらひたすら登り続け、ようやく車が止められる場所を発見。

 

なんと、展望台のようになっていました。

 

伊香保温泉、高根展望台。標高1029mにゴザイマス!

 

県道33号線のスタート地点である伊香保温泉が遥か下にミエマス。

 

すごい高さを登ってきたことを実感。(--;)

 

そして、再び車を走らせ向かった先は・・・

 

この場所。峠です。しかも「ヤセオネ峠」という名ということを初めて知りました。

 

この道の先には「榛名湖」がアリマス。

 

この場所は20年前に有名になった某カーアクション漫画の舞台となったところで、この峠が見事にそっくり描かれてイマス。

 

社会現象にまでなった漫画(後にアニメ、映画化)だけに、この場所を訪れる人達は未だに多いラシイデス。(俗に言う聖地)

 

この給水塔がランドマーク的存在ですが、建てられて何年経過しているのデショウ・・・?

 

ちなみに原作では「榛名山」ではなく別の名前で呼ばれていましたが、他の山々は普通に「赤城山」「妙義山」と出てくるので不思議なもの。

 

とても懐かしい感じを思い出しながらも、写真をバシバシと撮ってしまいました。

 

そして驚いたことがひとつ。

 

なんと、路線バスが走ってマシタ。たんなる峠の側道と思っていましたが、ちゃんと役割があったことを初めて知りました。

 

ご覧の通り。

 

真夜中にココに来たら、側道はもしかしたらもしかするのかもシレマセン。(^^;)

 

写真撮影を程々に、さすがにお腹が空いてきたので最終目的地の榛名湖へ向かうことに。

 

ヤセオネ峠から程なく走ると(途中メロディーラインがあってビックリしましたが)榛名湖畔に到着!

 

まずは楽しみにしていた「わかさぎ定食」を食べることに。

 

榛名湖に差し掛かったところで一番最初に目にするレストラン「彩湖庵」さんに入ってみました。

 

店内は畳席と椅子席の2種類、今回は椅子席で。「

 

わかさぎ定食(1430円)をいただくことに。

 

程なくして運ばれてきたわかさぎ定食を見てビックリ。

 

わかさぎの量がなかなかのもの。

 

「子持ちの雌も数匹入っているので、塩で召し上がることをオススメします」という店員さんのお言葉を信じて一口。

 

本当にソースや醤油をかけたら勿体無い、それくらい味のあるワカサギでした。最後まで塩だけで、まったく飽きること無く楽しむことがデキマシタ。

 

母親も「わかさぎってこんなに美味しい魚だったんだ」と感動。今回一番のビッグな出来事になったヨウデス。

 

山菜も盛り沢山。このお店に入って大正解でした。(^^)

 

遅いランチも終わり(食べ終わったのが15時・・・)秋名、じゃなくて榛名湖畔を散策してみることに。

 

所々雪が残っているのは、さすが標高1000m超。

 

無料の駐車場があるので、車を止めて下車。

 

 

榛名山の山頂へはロープウェイが運行されているので、簡単に行くことがデキマス。(大人往復840円)

 

今回は誰も興味がないので、スルー。

 

ワカサギの養殖場らしき場所を発見!

 

今は冬。夏になったら全てが緑色に変わるのでしょうか・・・?

 

湿地帯に整備された木道を歩くことがデキマス。

 

所々に雪があるのはお約束。

 

湖畔はまだ薄い氷が張ってました。なんでも、榛名湖が完全結氷したのは7年ぶり・・・と何処かに書いてありました。

 

ワカサギ釣りが相当楽しめたラシイデス。

 

やはり氷は冷たそう。(^^;)

 

そして、目的を達成した弟を記念撮影。

 

「今日のオレサマはオーラをまとっている!!」

 

・・・と言っていたかどうかは定かではありませんが、とても満足の様子。下からのアングルで、とても足が長く見えるのデス。

 

時間も時間なので、最後に榛名湖周遊道路を1周して帰ろうということに。

 

榛名湖温泉なるものを発見!

 

・・・が、その先でなんと通行止め。周遊の夢は次回に持ち越しということに。

 

帰り際、ふと気付きました。

 

大きなスワンを発見! 青いビニールシートのはたぶん、小さなスワンだとオモワレマス。

 

暖かくなるまで、この場所で待機しているのデショウ。

 

帰りは行きの33号線とは違う道で高崎方面へ向かいましたが、その道がなかなかの悪路で大変でした・・・。(--;)

 

45分で高崎駅前に到着。

 

ちょっと気になる看板を見つけました、高崎駅前。

 

最後の買い物を済ませ、18時半に高崎駅を出発。往路は一般道で来ましたが、帰りは関越道〜圏央道で帰ることに決定。

 

なんと20時には圏央道の愛川ICを降りていたので、2時間で横浜市内の実家に到着。2人とも驚いていましたが、空いていると近い群馬というイメージを持ったヨウデス。(自分も含め)

 

今回の埼玉〜群馬旅はこれにて終了!

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ