<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 佐渡滞在最終日、いよいよ新潟へ | main | 佐渡から帰っても海鮮丼 >>

佐渡・新潟旅最終日

佐渡・新潟旅の最終日の日曜日。

 

昨年は最終日の夜行便で帰っていたものの、今年は久しぶりの昼行便で帰ることに。

 

ホテルの宿泊プランは朝ご飯をつけなかったので、9時にちょっと外出してPRONTで朝ご飯。

 

最近、ホテルの費用(特に土曜泊)が高騰していて、新潟も多分ににもれず良い値段。アートホテルは駅前でマイステイズグループなのもあってか、朝食の値段もスゴイデス。(お一人さま1600円)

 

連日美味しい和朝食を食べてきたので、違う意味で食べたくなってくる洋食で。

 

PRONTとBECKSのモーニング、何気にお好みデス。

 

車中泊も入れると6泊、7日目の朝でも元気そうな娘たん。

ちょっと朝食をのんびりしすぎてしまいました。

 

駅のお土産売り場で最後のお土産とお昼ご飯を調達。

 

娘たんが飴もなかなるものを入手していました。

 

おけさ製菓の佐渡土産もしっかりと置いてありました。

 

のんびり過ぎてしまったので、すぐに戻って10時20分にチェックアウト。(チェックアウトタイムは11時まで)

 

ホテルを出ると、目の前が高速バス乗り場。アートホテルは高速バス乗る人にはおすすめのホテルです。(UCCのドリップコーヒーも3種類飲み放題!^^)

 

新潟駅南口は始発点だったようで、すでにバスは待機中。待ち時間ゼロでバス中へ移動というベストタイミング。

 

バス中はエアコンバッチリで涼しく良い感じ。しかし、後で分かりましたがこの日の新潟地方はフェーン現象による猛暑で「38.3℃」を記録したとのこと。佐渡でさえも「37.4℃」もあったそうです。

 

10時35分、定刻通りにバスは出発。

 

写真の構図からオープンバスに見えてしまう面白い状態。↑

 

いよいよバスは出発、しばし新潟県内を走ります。

 

高速道路をひた走り、一箇所だけある立ち寄り地へ。

 

途中、広大な水田の中を一本走る新幹線の線路を見つつ。

 

立ち寄り地は長岡駅大手口。2年前、長岡花火大会の夜にこの場所から乗ったのを思い出しました。

 

関越道の昼間の車窓、なかなか良い感じなのでおすすめです。

 

窓側の席でぼーっとするのもなかなか良いものデス。

 

そして、バスは最初の休憩ポイント「越後川口」へ。

 

PA内で錦鯉の展示がされていました。流石は一大産地。

 

休憩時間は大体15分、再びバスは走り出します。

 

お昼ご飯は新潟駅ビルで調達したおにぎりを。新潟駅新幹線口には立派なお土産売り場があるので、そこでお昼を調達するのがオススメです。

 

自分はすじこと赤飯。娘たんはすじことまいたけ。

 

お米音痴でもワカル、新潟の美味しいごはん。美味しくイタダキマシタ♪

 

途中、巨大な(平べったい)建造物を発見したのでパシャリ。これはいったいなんの建物なのか・・・?

 

群馬県に入り、どんどん緑が多くなっていく。そして、首都圏側には雲がたくさん。

 

2回めの休憩地、赤城高原。

 

この場所も恒例ですが、今回はスイカジュースなるものを発見。

 

バスへ戻る途中、面白いものを発見。

 

「愛の旅株式会社」、スゴイです。

 

しかもこのバス、1世代前ですが三菱ふそうのエアロクィーンでした。

 

埼玉県に入り、おなじみの建造物を発見。

 

上里カンターレ、今年すでに3回訪れている場所デス。

 

そして最後の休憩地、三好PA。ここは降車せず・・・寝ていてたまたま目が覚めたので。(--;)

 

そして、ダイヤ通りの17時ジャストにバスタ新宿に到着。

 

1分のズレもなく到着したことに驚きです。

 

今回の7日間の旅はこれにて終了。来年の今頃は19歳になっている娘たん、もう来年の話をしているので行く気は満々の様子。

 

珍道中はまだまだ続く見込みデス。

saipan-da * イベント * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ