<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドイツ博物館Day | main | 少しずつ時間に慣れ、グーテンモルゲン >>

早めに帰宅、部屋でゴロゴロ

DSC_4635_R.JPG

ドイツ博物館を立て続けに2つはやはり「足」に疲労が襲いかかる・・・ということで。早めに戻ってのんびりすることに。

 

と言っても、夕飯を調達しながら中央駅まで歩いて帰るという計画。(^^;)

 

DSC_4642_R.JPG

今日はダルマイヤーで食材を調達することに。

 

DSC_4639_R.JPG

ちょっとだけ豪華に、パンもダルマイヤーで調達。

 

DSC_4640_R.JPG

食事用のパンがたくさんあるので、惣菜と一緒に買うのには最適。

 

DSC_4636_R.JPG

パンの他に、惣菜を2品だけ調達。

 

DSC_4637_R.JPG

ちょっと気になった「WAGYU BURGER」、果たして中身は・・・?

 

DSC_4638_R.JPG

たくさんあるので迷うというもの。気になったものはまた後日ということで。

 

DSC_4643_R.JPG

ダルマイヤーの後、KAUFHOFを経由しつつカールスタッドへ行くことに。

 

DSC_4644_R.JPG

昨日気になっていた「100%オレンジジュース」を調達。なんと、この機械でオレンジをまるごとつぶしてジュースにしてくれます。皮の風味も入った、ホンモノのオレンジジュースがここに。

 

500mlで2.99EUROと、内容の割にリーズナブル。

 

DSC_4645_R.JPG

ローアルコールビールの種類が沢山あることに気づき、ちょっと興奮。今日は「PAULANER」のMUNCHNER HELLに決定。

 

DSC_4646_R.JPG

ほかにもいろいろ。

 

DSCPDC_0001_BURST20190314172221882_R.JPG

日本でもおなじみ、レーベンブロイまでありました。

 

DSC_4647_R.JPG

今日の調達品。

 

DSC_4648_R.JPG

これは小腹が空いたときの鉄板♪ リンゴはフロントに置いてある、ホテルの無料サービス品。

 

DSC_4649_R.JPG

オレンジジュースの他、ローアルコールな品々達。

 

DSC_4650_R.JPG

ピクルスやホワイトアスパラも。

 

DSC_4651_R.JPG

シャンプーや制汗剤も調達してみました。シャンプーはあくまで滞在中に使うようのもの。シャンプーとリンスでキャップの位置を上下変えてあるというのを初めて知りました。娘たん、何気に現地情報リサーチ能力がとても高く、自分が知らなかったこともサクサク調べ上げてくれます。(^^;)

 

シャンプーもさることながら、制汗剤の値段。なんと55ユーロセント、すごい安いです。

 

DSC_4652_R.JPG

さっそくオレンジジュースをいただくことに。

 

DSC_4653_R.JPG

想像通りのお味、Good♪

 

DSC_4654_R.JPG

ダルマイヤーの調達品、なかなかにパッケージからしておしゃれです。

 

DSC_4655_R.JPG

パンは2種類。

 

DSC_4657_R.JPG

惣菜を開けるとこの通り、2段になってました。

 

DSC_4658_R.JPG

今日は野菜の炒めものと、仔牛のシュニッツェルを調達。

 

DSC_4656_R.JPG

結構立派なフォークとナイフを添付してくれました。娘たんが立派に店員さんとコミュニケーションしてくれた証。

 

DSC_4659_R.JPG

部屋ディナーが無事にスタート。

 

DSC_4660_R.JPG

シュニッツェル、もちろんニンニクなんぞは不使用なのでひと安心。美味しいです。

 

野菜はオリーブオイルとローズマリーでソテーしてある、これまた自分たち好みのお味。

 

DSC_4662_R.JPG

ローアルコールビールも進むというもの。0.5%ですが問題なくいけます、飲めます。

 

DSC_4663_R.JPG

こちらはビールのカクテル風、なんとアルコール2.5%。

 

家族だからこそできるのんびりディナーですが、テレビもつけずのんびり話しながら2時間くらいの時間を楽しみマシタ♪

 

何気に娘たん、少しずつミュンヘン娘になっている気がします。(--;)

 

 

saipan-da * ドイツ/Germany * 06:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ