<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お初のBMW?! | main | 連休最終日はとてものんびりmode >>

房総・銚子日帰り旅

DSC_6242.JPG

3連休中日、あいにくの「大雨」。

 

西丹沢BBQの予定を変更して、奥様の希望で千葉・銚子へ行くことに。7時に自宅を出発して、渋滞にあうこともなく順調に京葉道路へ。どこかのPAでの休憩からスタート。

 

DSC_6246.JPG

PAに行ったらご当地物を物色するのが基本。

 

DSC_6243.JPG

赤い彗星・・・?

 

「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを・・・」という台詞が聞こえてきそうデス。

 

DSC_6245.JPG

DSC_6244.JPG

なんとなく気になった「新顔野菜」。

 

DSC_6247.JPG

本日もBMW X1は絶好調、カーナビに誘導されるがままに走り続け・・・気がつけば「茨城県」!!(^^;

 

時間的に遠回りでも近いとの判断か、かなりの大回りで無事に銚子入り。

 

さいしょの目的地に10時半に到着。

 

DSC_6248.JPG

眼の前は海のこの場所。

 

DSC_6250.JPG

「一山いけす」というお店デス。

 

銚子の鮮度良い海産物を食べるならココ、というくらい人気のお店らしいです。

 

11時開店というのに、30分前到着でもちょっと遅いくらいでした。(^^;)

 

2ページ目に名前を記入してしばしの待機。

 

DSC_6251.JPG

店内が結構広いようで、ちょっとの待ち時間で名前が呼ばれて一安心。

 

ちなみに、待ち時間に入り口に掲示されているメニューを見て早々に決めてしまうことをオススメします。

 

席に案内されたら、すぐに店内入り口のレジカウンターへ注文&支払いをしに行くシステムだからです。席に座って決める時間をしっかりと短縮短縮。

 

DSC_6252.JPG

店内にはいけすを囲むようにして席がたくさん。

 

DSC04490_S.JPG

DSC04498_S.JPG

黒生と書いて「くろはえ」。以前は「くろはい」と読んでいたらしいですが、いろいろと事情があってこうなった模様。(^^;)

 

DSC04493_S.JPG

早速、娘たんがオーダーした「イクラねぎまぐろ丼」が到着。

 

DSC04492_S.JPG

豪快に新鮮なマグロといくらがのって、なんと1270円。

 

DSC04494_S.JPG

この日の味噌汁は、なんと伊勢海老入の味噌汁でした。(^^)

 

DSC04497_S.JPG

娘たんも記念撮影を。

 

DSC04500_S.JPG

奥様はここの名物「磯定食」をオーダー。

 

とても大きなホタテのバター焼きが登場。写真ではわからないですが、これが身厚で立派なもので・・・。

 

DSC04501_S.JPG

お次に天ぷら盛り合わせとデザート(?!)が登場。

 

DSC04505_S.JPG

おかず4種セットが登場。写真には撮り忘れたものの、御飯と伊勢海老味噌汁も一緒に。

 

DSC04506_S.JPG

刺身盛り、厚切りでこれまた立派な盛り。

 

DSC04507_S.JPG

酢の物、なんとカニ爪とタコです。

 

DSC04508_S.JPG

生うに寿司も!

 

DSC04509_S.JPG

茶碗蒸し。

 

DSC04513_S.JPG

そして最後は煮魚。

 

磯定食、何気にとても豪華な定食だとオモイマス。全てを体験したい場合、この磯定食が良さげデス。(^^)

 

DSC04503_S.JPG

自分はあまり期待せずに頼んだ「伊勢海老天丼」を。期待していなかった自分にパンチしようかと思うくらいにビックリなものが届きました。伊勢海老味噌汁や小鉢、デザートはもちろん、その本体とも言える伊勢海老。

 

DSC04504_S.JPG

なんとそれなりの大きさの伊勢海老が3尾分も入っていたという事実。大体、伊勢海老天丼というと見た目が大きな伊勢海老が一尾入っているのが多いとオモイマス。とてもリーズナブルな価格で海老本来の旨味がちゃんと残っている伊勢海老天丼を楽しめます。(^^)

 

DSC04512_S.JPG

そしてこちらは刺身盛り1人前。なんとこれで1020円!!

 

ぽんたごんはこれにライスセット(御飯、味噌汁、お新香)280円をつけたので、1300円でとてつもなく立派な刺身定食を頂くことが出来ます。

 

DSC04510_S.JPG

テーブルの上はこんな状態になってしまいましたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

DSC04514_S.JPG

店の窓からはバッチリ海が見えます。運がよければ窓側席に案内されるかもしれません。(^^)

 

DSC_6259.JPG

次なる目的地は海産物を求めて「ウォッセ21」という場所へ。

 

DSC_6260.JPG

ここは小規模ではあるものの、海産物をお得な価格で調達できる場所。駐車場が満車で停めるのがちょっと大変かもしれません。(--;)

 

DSC_6262.JPG

以前に奥様が訪れているので、目当ての店へ直行。

 

DSC_6263.JPG

この「さんまの銚子煮」、一度食べたらやみつきになります。それくらいオイシイ。

 

DSC_6264.JPG

そして銚子といえば「鉢まぐろ」。生なので食感良し、旨味良し。

 

1680円の赤身の方を頂戴シマシタ。

 

DSC_6266.JPG

お次は練り物をメインに販売している「嘉平屋」さんへ。

 

DSC_6267.JPG

贈答品に使えるちょっと高級なものから・・・

 

DSC_6268.JPG

普段用までいろいろアリマス。

 

DSC_6269.JPG

海鮮加工品もたくさん。

 

DSC_6271.JPG

なんと言っても、揚げたての揚げ物を試食して1個から好きな量で買えるのが一番人気。

 

今回はお得用詰め合わせを頂戴シマシタ。

 

DSC_6272.JPG

お食事処も併設されているようです。

 

DSC_6265.JPG

そして次なる場所へ出発。

 

 

DSC04541_S.JPG

次なる場所は「ヤマサ醤油」!!

 

SAIPANDA家にとってヤマサ醤油は必需品。まさかの本社工場がそこにあったのです。

 

DSC04542_S.JPG

ようこそヤマサへ。

 

DSCPDC_0002_BURST20190714132056353_COVER.JPG

早速、見学コーナーへ。

 

見学受付コーナーがあるので、そこで受付をします。必要事項と人数を記入するだけの簡単受付。

 

DSC04515_S.JPG

すると、この場所に通されます。

 

DSC04516_S.JPG

今回参加した工場見学はこの場所で20分程の映像を観るもので、醤油の起源からなぜ銚子でヤマサ醤油が誕生したかをとてもわかり易く解説してくれます。ほほぉ〜と初めて知ることばかりでとても勉強になりました。

 

ちなみにこの日は1時間に1回の開催でしたが、なんと事前に予約していくと実際の工場内を見学できるツアーも開催されているそうです。(平日限定、結構工場内を歩き回るというお話で・・・)

 

DSC04517_S.JPG

記念撮影用(?)の看板が下に・・・。(^^;)

 

DSC04518_S.JPG

無料にも関わらず、なんと一人一つ「鮮度の一滴 特選しょうゆ(150ml)」を頂けます。

 

銚子に行く際は絶対に訪れることをオススメします。(^^)

 

くどいようですがSAIPANDA家は「ヤマサ派」デス。

 

DSC04519_S.JPG

物販コーナーもきっちりとあったので見ていくことに。

 

DSC_6275.JPG

ポップコーンに惹かれましたが・・・

 

DSC_6276.JPG

ここでしか販売していないという高級醤油「ソヤノワール」を頂戴しました。シロノワールじゃございません。(^^)

 

DSC04521_S.JPG

併設の資料館も。

 

DSC04522_S.JPG

映像で見た内容も多く記載されてます。

 

DSC04524_S.JPG

DSC04523_S.JPG

蒸気ポンプ消防車なるものまでありました。

 

DSC04527_S.JPG

DSC04528_S.JPG

DSC04529_S.JPG

昔のしょうゆ作りの道具も沢山。

 

DSC04526_S.JPG

そして資料館の中に美味しそうな香りのする場所が。

 

DSC04530_S.JPG

ヤマサに行ったら「しょうゆソフトクリーム」デショウ。

 

DSC04534_S.JPG

「THE しょうゆ」なソフトクリーム、しょうゆを強く感じながら美味しくイタダキマシタ。

 

DSC04532_S.JPG

今回はお腹いっぱいで挑戦できずでしたが・・・

 

DSC04533_S.JPG

いつかは、きっと。

 

DSC04538_S.JPG

外に出たところでおもしろいものを発見。

 

DSC04539_S.JPG

ぬれ煎餅焼きそば?!?! お値段リーズナブルなだけに食べてみたかったのですが・・・残念。

 

それに加えてソヤノワールのツイッターがあることに驚き。。。

 

後で覗いてみることにシマス。

 

DSC04540_S.JPG

巨大なしょうゆの樽、なかなか中にはいることはできないデショウ。

 

ここで記念写真を撮ろうと思ってたら忘れてました。

 

DSC_6277.JPG

そして次なる目的地は「銚子電鉄 ぬれ煎餅駅」。

 

駅という名がついてますが、電車の駅ではゴザイマセン。

 

DSC_6278.JPG

あちこちで見かけるぬれ煎餅ですが、ここにはちゃんと「お得用」があるのです。

 

ぬれ煎餅をお得に調達するならココ、オススメです。(^^)

 

DSC_6279.JPG

ここでも手焼き体験、ばっちり出来ます。

 

DSC_6281.JPG

そして銚子での最終目的地「犬吠埼灯台」へ。

 

DSC_6282.JPG

この雨模様でも海岸でキャンプをしている人たちを発見。

 

DSC_6283.JPG

「INUBOW TERASU TERRACE」と書かれた建物へ。

 

灯台への近道はこちらからの表示が。

 

DSC_6284.JPG

出来てまだ間もないようで、内部はとても綺麗。

 

DSC_6287.JPG

ここでも地場野菜が格安で。

 

DSC_6289.JPG

他の売店を横目に、犬吠埼灯台へ。

 

DSC_6292.JPG

この雨模様でも観光客多数、犬吠埼灯台は大人気・・・?

 

DSC_6293.JPG

なんと、タワー前に白い郵便ポストが。

 

DSC_6294.JPG

一日一回の収集。

 

DSC_6295.JPG

なんとここから郵便を出すと、銚子郵便局の風景印を押してくれるらしいです。何か用意してくれば・・・ヨカッタ。

 

DSC_6296.JPG

灯台は有料(200円)で登れますが、エレベーターはナイ模様。(階段99段をひたすらと・・・)

 

DSC_6298.JPG

案内図。

 

DSC_6299.JPG

せっかくなので灯台の外側を一周散歩。

 

DSC_6302.JPG

風もちょっとあるので海は荒れ模様。

 

DSC_6304.JPG

タワーの上には人がたくさん。やはり登る人、それなりにいるようです。

 

DSC_6305.JPG

なんとなく乗り越え禁止を一枚。

 

DSC_6308.JPG

「太平洋に突き出た大地の右腕」という表現がスゴイ。

 

DSC_6309.JPG

翌日はどうやらお祭りだった様子。観光は今日でヨカッタかも・・・?

 

DSC_6285.JPG

せっかくなので2階にも寄り道を。

 

DSC_6311.JPG

木がたくさんあしらわれた自然重視の空間が広がってました。

 

DSC_6310.JPG

こんな感じでハンモック風にくつろげるところも。

 

DSC_6314.JPG

2階からの眺め、ヨシ。(晴れていれば・・・)

 

DSC_6316.JPG

ココでの見学をもって、銚子探索は終了!

 

この時点で16時。

 

普通ならここでまっすぐ東京へ帰るところですが、渋滞にハマるのが分かっていたので・・・

 

DSC_6317.JPG

2時間後、18時にイオンモール幕張新都心に到着!

 

通り道なので、ここで休憩していこうという魂胆デス。

 

DSC_6319.JPG

休憩を兼ねてイオンモールをしばしの探索。

 

DSC_6320.JPG

DSC_6321.JPG

DSC_6322.JPG

DSC_6323.JPG

フードコートで夕飯をして終了。

 

しかし、この日のイオンモールは人の多さが半端なく・・・お正月の比にならないくらいの人がいました。

 

当然車も多く、出庫に15分もかかってしまいました。(--;)

 

前日からの走行距離は500km・・・ガソリン残量はちょうど半分。ハードな2日目、終了!

saipan-da * イベント・旅行 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ